音楽教室ギター教室エレキギターレッスンノート 即戦力!学園祭バンドギタリスト養成講座

即戦力!学園祭バンドギタリスト養成講座

エレキギター教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日はレッスンお疲れ様でした!

1時間のなかでしたが、個人・バンドでの練習のポイントを絞ることを中心にレッスンを行いました。ではレビューしていきましょう。


1. サムピック使用によるアップピッキング(ストローク)をマスター!

通常のピックとはひと味ちがう、サムピックプレイヤーということで、私もサムピックを使用して、上下に腕(手首)をかえす「オルタネイト奏法」のコード弾きのコツを解説しました。ポイントは「ダウンで弾く時は、ピックの先が上をむく」「アップの時は、ピックの先が下をむく」感覚を手になじませておく、というところでした。

ピッキングの感覚はとても良いものをお持ちで、弦が暴れまわったりしていないので、今日の内容を振り返りながら、丁寧に練習していけば、自然と強弱も出て良いリズム・プレイになっていくと思います。


2. 弦の押さえ方のコツ

これもまた、基本にして難敵なのですが、弦を押さえるときに、基本的に指がフレットと平行になっている感覚が大事でした。さらに、左手首をドアノブを回すように回転させ、すこしネックに対して「えぐり込む」ような感じ、左手親指をはなしても安定感のある感じ(「感じ」ばかりで恐縮ですが、あまりこのあたりキマジメにやると手をいためるので)を大事にしていけば、おかしなバズ・ノイズもなく、きれいな音を生み出すことができると思います。


3. 聴こえる音だけ弾く!

はじめた当初は、やはりタブ譜どおりにきっちり弾こうと思ってしまいますが、まずはかっこ良く音楽になることが大切なので、いったん楽譜を閉じ、音源を聴いて「どこがカッコいいのか」「弾きたいのはどの部分(音)か」をじっくり確認して、次に、音源を聴きながら楽譜を追っていき(最初はまったくわからないかもしれませんが、何度もトライしてみてください)タブ譜はその音を見つけるための参考書(どこを押さえればいいかのヒント)だと思えばいいと思います。

まずは、自分に聴こえない音は、お客さんにも聴こえない!くらいの気持ちで、まずは「弾きたい音」を見つけて、楽譜を見て、弾きたい音に近づいていってください。「タブ譜をなぞる」ことではなく、「カッコいい音楽を演奏する」ことが目標なのですから!


4. メトロノームを使う

なかなか難しい部分ですが、自宅でひとりで練習していると、イザ誰かと合わせたときに「!!!」となるものですが、練習に「客観性」をもたらしてくれるのがメトロノームです。スマホアプリでも、フリーのものがありますので、ぜひ練習に取り入れてください。レッスン時には、問題なくメトロノームの音を聴きとって、それに合わせることができていらしたので、どんどん課題曲の練習にも取り入れていってくださいね。


5. コードチェンジ

一定のリズムのなかでの、コードチェンジ、なかなか難しい!です。

ここは、最初はヴィジュアルで頭にいれておくことが近道だと思います。レッスン中も使いましたが、タブ譜のなかに出てくるコードのカタチを、ダイアグラム(図というか絵ですね)で頭にいれ、イメージして押さえるようにしていくと、素早く習得し、応用できると思います。ただし、絵だけで覚えると後々あまり音楽的に淋しい状況になることもあるので、ある程度まで行ったら、コードの成り立ちなどを勉強していくといいと思います。が、最初は(特に初ステージを控える身としては)イメージできて、その手のカタチを作って演奏できることがとても大事になると思います。

あとは、もうコレばかりは、反復練習!継続は力なり!といったところになってきます。コツは、レッスンでもやりましたが、きっちり、鳴るべき弦の音が鳴っているか、おかしなノイズがでていないか?をきっちり聴いて、丁寧に練習することだと思います。


6. 簡単なジャムセッション

最後は、プチ・スパルタコーナーでした。こんな感じで、簡単なモチーフを使って誰かと演奏する、というのがエレキギターという楽器の面白さのひとつの側面です。ぜひぜひ、開いた扉からギターの世界に飛び込んで、楽しんでください!


ではでは、お疲れ様でした!
このレッスンノートを書いたコーチ

対応ジャンルの広さと分析力が売り!ロック談義に花咲く気さくな関西人先生

レッスンノート ページ先頭へ

エレキギター情報

サイタのエレキギター講師がブログを通して、エレキギター情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

エレキギターの先生

@EGuitarCyta