音楽教室ギター教室エレキギターレッスンノート 7thコードの成り立ちと、キーの説明

7thコードの成り立ちと、キーの説明

エレキギター教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

まずコードの成り立ちについて説明しました。


コードは基本的に3和音で出来ています(メジャーコード、マイナーコードです。)

Cメジャーコードを例にあげると
その構成音は
ド(C) ミ(E) ソ(G)
になります。


7thコードはその3和音+1つの音を重ねた「4和音」のコードと言うことができます。


7thコードにも何種類かあり、今日レッスンのなかで説明したのは

C7(シーセブンス) と CM7(シーメジャーセブンス) とCm7(シーマイナーセブンス)の違いでしたね。

混同しやすい3つのコードですが、それぞれ構成音とコードの持つ響きは全く異なります。

C7の構成音は
ド(C) ミ(E) ソ(G) シ♭(B♭)
CM7の構成音は
ド(C) ミ(E) ソ(G) シ(B)
Cm7の構成音は
ド(C) ミ♭(E♭) ソ(G) シ♭(B♭)

コード表を見ながら実際に弾いて、違いを確認してみましょう。


キーの判別

楽曲のキーを判断するとき、多くの場合は譜面の調号(♯♭)の数を確認します。

調号の数によって曲のなかで使えるスケールやコードが決まり、調性(キー)が決定されます。


音楽の授業で、ハ長調とかニ短調とか言いますよね?

あれも曲の調性、キーを言い表しているのです。

長調はメジャー、短調はマイナーとも言います。

例えば♯記号が1つの場合、そこにはGメジャースケールとEマイナースケールが成り立つので、曲のキーはそのどちらかに絞られるのです。
このレッスンノートを書いたコーチ

映画への楽曲提供、14歳からライブハウス出演も!幅広いジャンルとアドバイス

レッスンノート ページ先頭へ

エレキギター情報

サイタのエレキギター講師がブログを通して、エレキギター情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

エレキギターの先生

@EGuitarCyta