音楽教室ギター教室エレキギターレッスンノート ピッキングについて考察

ピッキングについて考察

エレキギター教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

ピッキング考察をしました。

力を入れるか?抜くか?難しい問題ですね。
ただ、当たり前ですが出てくるサウンドが一番大切だと思うので、
力を入れていても、スムーズな音の繋がりが生み出せれば、
力を入れたなりのサウンドでOK。
力を抜いてもスムーズな繋がりのサウンドが出せればOK。
そこに、例えば、親指が当たる事によるピッキングハーモニクスのような音が出てしまったり、
ピックの当たる角度が斜め過ぎて、弦を(特に巻き弦において)こする音が出たり、
ミュートがしっかり出来ていない事が原因で、ノイズが沢山発生してしまったり、
右手と左手の連携が上手くいかず、途切れ途切れのフレーズ(サウンド)になってしまったらダメだと思います。
僕にしても、動画で観たアーティストにしても、それらのマイナス要素は余り聴こえなかったと思いますので、
出てくるサウンドに注意しながら研究するのが良いかと思います。
僕と、動画で観た2アーティストは、皆、ピッキングのやり方が違っていたと思います。
まぁ速度で言えば僕は全然遅いですが(笑)

しかし、そのどれも正解の一つという事ですね。
それぞれのスタイルというか、、、、
沢山の、やり方の中で自分に合ったやり方を見つけるのも良いと思います。
僕はフラットピッキングで力を抜く事を前提にした、やり方ですが、
正解は一つではないと思うので、色々と研究してみて下さい。


なかなか難しい課題ですが、出てくるサウンドを聴いて、という所は、ある意味”基礎的”です。
自分が納得いくサウンドが出せるかどうかを基準に色々とピッキングを研究してみると良いと思います。

大事なのは、形ではなく、サウンドという事ですね!

フラットピッキングや、力を抜く、力を入れる、というのは、方法の一つという事を考えつつ練習してみて下さい(^-^)
このレッスンノートを書いたコーチ

有名ゲーム曲を手がけ、TV出演多数。業界の裏話も聞けます

ミラクル☆アシスト・ギタースクール
長屋大輔 (エレキギター)

渋谷・代々木・新宿・池袋・吉祥寺・笹塚・調布

レッスンノート ページ先頭へ

エレキギター情報

サイタのエレキギター講師がブログを通して、エレキギター情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

エレキギターの先生

@EGuitarCyta