音楽教室ギター教室エレキギターレッスンノート ギターのしくみ、構え方、フレーズ体験

ギターのしくみ、構え方、フレーズ体験

エレキギター教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

先日は体験レッスンを受講いただきありがとうございました!

初めてのギターはいかがでしょうか?

少し難しく感じられたかもしれませんが、普段使わない部位に普段使わない動きをさせるので、最初はなかなか思い通りにいきません。
私ももちろんそうでした。

ですが、しっかりと必要な練習をしていけば、必ず弾けるようになりますので、ご安心下さい。

それでは今回のレッスン内容について、簡単にまとめさせていただきます。

☆ギターのしくみ
◎ストラトキャスターの特徴と構造
今回レッスンで弾いていただいたものは、「ストラトキャスター」と呼ばれる種類のギターで、オーソドックスなタイプのギターの一つです。
このタイプのギターはピックアップ(弦の音を拾う部分)が一つずつ×3つ搭載されていて、細くて鋭い音質が特徴的です。
歪(ひず)ませても歪みすぎることなく、ピッキングのニュアンスがよく出るギターです。

ピックアップセレクター(5段階のツマミ)でフロント(ネック側)、センター(真ん中)、リア(ブリッジ側)の3つ+フロント&センター、センター&リアの合計5パターンの使い分けが可能です。
フロントは篭った音、リアは鋭い音になっています。

お話をお聞きする限りでは、購入されるのであればこのタイプのギターの方が汎用性が高く、おすすめです。

☆ギターの構え方
以下の点を意識しましょう。
・ギターのヘッド(左手側)が前方に出るように斜めに構える
・ヘッドが下に下がってしまわないように注意する
・ギターの前面が上向きにならないようにする
・背筋をのばす
・右手は手首を曲げずにのばす

☆ピックの持ち方
ピックは軽く曲げた人指し指の上に置き、その上から親指で押さえるようにして持ちます。
この時、親指の向きに対して外側に、垂直にピックの先が出るようにしましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

大会で優勝歴多数!一歩一歩を丁寧にサポートする快活なコーチ

バンド初心者のためのエレキギタースクール
荒井直人 (エレキギター)

新大阪・天王寺・京橋・天満・鶴橋・寺田町・南田辺・鶴ケ丘・長居・難波・中百舌鳥・北野...

レッスンノート ページ先頭へ

エレキギター情報

サイタのエレキギター講師がブログを通して、エレキギター情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

エレキギターの先生

@EGuitarCyta