音楽教室ギター教室エレキギターレッスンノート ギターの構造、ギターの構え方、ピックの使い方、ドレミを弾く、基礎練習

ギターの構造、ギターの構え方、ピックの使い方、ドレミを弾く、基礎練習

エレキギター教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

この度は体験レッスンをご受講いただきありがとうございました。

体験レッスンということで、ざっくりとこれからやっていく内容のお話と体験をしていただきました。

細かい部分については、改めてレッスンの中でお伝えしていきたいと思いますが、簡単に今日の内容をまとめておきます。


☆ギター(ピックアップとセレクター)の構造について
 2つのピックアップとセレクター、ツマミについて簡単にご説明しました。
 これらを使った音色の調整は、曲をやっていく中で確認していきましょう。


☆ギターの構え方
 ギターは構え方一つで弾きやすさが大きく変わります。
 間違った癖がついてしまわないように、以下のポイントを意識して弾くようにしましょう。

・ギターはしっかり立てて、背筋を伸ばしましょう。
・右腕の肘から少し下の辺りと身体でギターのボディを挟んで安定させましょう。
・ギターは身体と平行ではなく、ヘッド部分が少し前に出るように、斜めにするとよいでしょう。


☆ピックの使い方
 ピックは以下の手順で持ちましょう。

 ①人指し指を「ク」の字に曲げます。
 ②人指し指の第2関節~第1関節の延長上にピックの先が向くように、ピックを乗せます。
 ③上から親指でピックを押さえます。この時、親指の腹でピックをしっかり押えるようにしましょう。

 弦を弾く際には、親指をしっかり使うこともポイントです。
 ピッキングの感覚を掴む練習は、今後の練習でも基礎練習としておこなっていきます。


☆ドレミを弾く
 今回は、単音を弾く練習とTAB譜の読み方の練習も兼ねて、ドレミを弾いていただきました。
 TAB譜に関しては、押える場所については問題なく読めていましたので、リズムの見方・考え方についてはまた改めてお伝えします。
 また、運指に関しても少しお話しました。
 運指がしっかり効率的にできないと、なかなかギターは上達しませんので、しっかり使う指を決めて練習していきましょう。


☆基礎練習
 基礎練習も、目的に応じてたくさんの種類がありますが、今回は基礎の基礎となる「クロマチック・トレーニング」というものをご紹介しました。
 左指を動かすことに慣れていただくことと、左右の手のタイミングを合わせるという部分で、とても大事な練習になります。
 できれば、毎日5分でも構いませんので、継続して取り組んでください。
このレッスンノートを書いたコーチ

大会で優勝歴多数!一歩一歩を丁寧にサポートする快活なコーチ

バンド初心者のためのエレキギタースクール
荒井直人 (エレキギター)

新大阪・天王寺・京橋・天満・鶴橋・寺田町・南田辺・鶴ケ丘・長居・難波・中百舌鳥・北野...

レッスンノート ページ先頭へ

エレキギター情報

サイタのエレキギター講師がブログを通して、エレキギター情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

エレキギターの先生

@EGuitarCyta