サイタ音楽教室ギター教室エレキギターレッスンノート 音階の理解

音階の理解

エレキギター教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日はお疲れ様でした!ご期待に応えられたようで大変良かったです。
本日の内容をおさらいしておきます。


◎フロイドローズギターの調整

弦高が低く感じましたので、弦を弾いてフレットに当たらない程度に、
ボディ裏のバネを調整して、弦高を調整してみてください。

また、トーンコントロールやトグルスイッチを交換するか、配線を半田で付け直すぐらいで、簡単に直すことができるので、一度リペアに出してみることをお勧めします。まずはギターの状態を最良の状態にすることが第一歩かと思います。


◎音階
Cメジャースケール
ドレミファソラシド
を例に、全音と半音の並びを説明しました。ピアノの白鍵、黒鍵の並びで理解するとわかりやすいかと思います。ギターの指板上で、同様にどのフレットで何の音が鳴るかを知ってから弾くことと、知らずに弾くことは今後大きな差となります。


Aマイナースケール
ラシドレミファソラ
を例に、指板の4f~8fで上下降するトレーニングをお勧めしました。
リズムを変えて4分⇒8分⇒3連⇒16分とメトロノームに合わせて練習することが大切です。その際に、必ず人差し指の付け根でネックを深く握れているかをチェックしましょう。人差し指を絶対に離さない持ち方で弾くことで、不要な音を防ぐこともでき、Fのようなコードも押さえやすく、さらにはチョーキングにすぐに移行することができます。ロックスタイルの握り方をまずは習得しましょう。

また、3音一塊としてラシド シドレ ドレミといったフレーズを練習すると非常に実践的です。そして、好きな曲を聴いて、耳で音階をとりながらメロディを弾いてみることが非常に有効な練習になります。


◎コード
Cを例に、メジャーコードとマイナーコードについて触れました。
3和音が一番シンプルなコードで、ド(1度)、ミ(3度)、ソ(5度)を積むとCとなります。ドはルートと呼ばれ、最も重要な音になります。ソはコードに強さを与えるので、なくても響きは保たれます。ミは明暗を分ける大切な音です。イメージだけでも持っておいてください。

Cmはド(1度)、♭ミ(♭3度)、ソ(5度)で、Cの3度を半音下げただけです。これだけで暗くなります。俗にメジャー、マイナーの違いは3度のみの違いだけで、押さえ方などは6弦や5弦の音階を理解していけばコードはすべて弾けることになります。よって、AやDやEなどのメジャーコードやマイナーコードはそれぞれ別々に独立して覚える必要はありません。自分で音を選んで作ればいいだけです。


今回は、以前からある程度ギターに触れてこられていましたので、知識の整理を行いました。理解できれば今までやってきたことがあらゆるところで繋がり、もっと知りたいという気持ちが芽生えます。意欲的に練習して、次回はさらに別のポジションで弾けるようにしていきましょう!

最後に、必ずギターを弾くときはメトロノームを使って練習してくださいね!
このレッスンノートを書いたコーチ

16歳にして米国でライブ実現!カウンセラー資格も持つ相談しやすい先生

レッスンノート ページ先頭へ

エレキギター情報

サイタのエレキギター講師がブログを通して、エレキギター情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

エレキギターの先生

@EGuitarCyta