サイタ音楽教室ギター教室エレキギターレッスンノート ライブに向けての最終調整

ライブに向けての最終調整

エレキギター教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れ様でした!

前回から一週間でしたが、凄まじい成長を遂げておられましたね!

初心者でバレーコードを一週間で形にしたのは本当にすごいことです!

必死に練習されたのが見て取れます。

いよいよ、本番まであとわずかですね!

本日のふりかえりをしておきますね。


◎コードにおける大事な音

バレーコードを押さえると、どうしても6音とも確実に音を出すのは難しいです。
必ず出さないといけない音と、出さなくても良い音があるので気を付けておくことが大切です。
高音弦の1,2,3弦が特に鳴らせていました(辞書をもつ感覚が身についていました)が、人差し指以外で押さえる低音弦の4,5,6弦の音が出ないときもあったので、パワーコード(4,5,6弦省略)を提案しました。しかし、低音弦を鳴らすのが難しい様子でしたので、バレーコードで鳴る音を増やす方向に戻しました。数日後のライブに向けての苦肉の策ですので、落ち着いてから再び練習しましょう。


◎ストローク

空ピッキングは実際に弾いているつもりでやりましょう。イメージが掴めるまで左手で弦をミュートしブラッシングして練習しましょう。また白玉や休符でも常にリズムがあるので、休まずにビートをイメージしておきましょう。


◎コードチェンジ

何も考えずにポジションをチェンジできるまで練習するようにしましょう。
また、ワンポイントアドバイスですが、常に少し先のポジションをイメージして弾くと余裕が出てきますよ。


◎曲構成

イントロ⇒A⇒B⇒サビ⇒A⇒B⇒サビ×2⇒ソロ(A)⇒サビ
曲構成をしっかり記憶して、音源なしで完全に弾き切る練習をしましょう。
また、メトロノーム(スマホアプリでも○)を使って練習するようにしましょう。



あと少しです!

短期間でしたが成果を期待しています!
このレッスンノートを書いたコーチ

16歳にして米国でライブ実現!カウンセラー資格も持つ相談しやすい先生

レッスンノート ページ先頭へ

エレキギター情報

サイタのエレキギター講師がブログを通して、エレキギター情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

エレキギターの先生

@EGuitarCyta