サイタ音楽教室ギター教室エレキギターレッスンノート ブルース定番フレーズ

ブルース定番フレーズ

エレキギター教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日はお疲れ様でした!
今日は教本に沿って、ブルースの定番のチョーキングを多用したペンタトニックのフレーズ練習をしましたね。

◎チョーキングニュアンス
譜面において微妙なニュアンスを表示するのは難しいのですが、基本的な読み方をお伝えしました。到達音から弾き始めるのか、徐々に到達音に持っていくのか、半音なのか一音半なのか、非常に大切な表現方法なのでマスターしていきましょう。ダウンは力を抜くのではなく、リズムをコントロールして元の音まで戻す意識でいましょう。

◎クォーター
もはやブルースらしくするには癖にしておいた方がいいです。主に人差し指でためてちょい下げを心して入れまくりましょう。一挙に泥臭いサウンドが生まれます。

◎ヴィブラート
弦のニュートラルの位置から等しく上下に引っ張るのではなく、一方向に引っ張り、チョーキングアップダウンを弱く繰り返すイメージで速さ、音域をコントロールするようにしましょう。チョーキングヴィブラートは到達音を起点として引っ張る、戻すを繰り返しましょう。決して到達音から下げてはいけません。要練習ですね。リズムを感じながらヴィブラートは練習しましょう。

練習曲5をバッキングトラックを鳴らしながらパーフェクトに弾けるようになることが今の目標かと思います。がんばりましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

16歳にして米国でライブ実現!カウンセラー資格も持つ相談しやすい先生

レッスンノート ページ先頭へ

エレキギター情報

サイタのエレキギター講師がブログを通して、エレキギター情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

エレキギターの先生

@EGuitarCyta