音楽教室ギター教室エレキギターレッスンノート アドリブのとり方

アドリブのとり方

エレキギター教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日はどうもお疲れ様でした!

ペンタトニック(+ブルーノート)主体のアドリブのとり方についてレッスンさせていただきました。本日のレッスンにおけるポイントを再確認していきますね。

◎アドリブで大切なこと
指板上でスケールをなぞる、定番フレーズを繋げるだけではアドリブは困難です。
歌を歌うのと同じ素直な感覚で、弾くフレーズを口ずさむ、つまり内面から湧き出た音を頭でイメージしてそのままギターで表現する。それが即興演奏の基本です。
決まったお決まりフレーズを覚えて弾くのとはニュアンスが違います。

◎現状における対策
すでに、いくつかフレーズをお持ちだと思いますので、タメをつくる、リズムを少し変えてみる、ピッキングやチョーキング(クォーターなど)のニュアンスを変えてみる、あらゆる雰囲気を自分が創り出してやろうと思うことで単調さから脱却でき、十分にギターが歌ってくれます。まずは自己表現と捉えていただき、すでにお持ちの力を最大限で出せるように努めれば、十分に楽しんで演奏できると感じました。

◎自宅で必要な練習
『単調なフレーズしか出てこない』=『イメージができていない』と考えて、一度ギターを置いて、メトロノームを鳴らしながら口ずさんで見るとフレーズが浮かんでいるか浮かんでいないかがわかると思います。自分でビートを感じながら、手拍子をしてノりながらやっていくと効果的です。また、好きな曲を流しながら、バッキングに合ったフレーズを口ずさんで見る練習も必要です。

指板で弾く音については、『音のイメージがないのに音を出してはいけない!』と思って考えると上達します。声は自分の体から音を出すので、イメージがないと出せないわけですから。『とりあえずギターで音を鳴らしてみる』ではなく、『ギターで自分のイメージ通りの音楽を表現する』と考えてギターに接する必要があります。

◎手癖フレーズを増やす
手癖フレーズがあれば余裕を持ってセッションできます。本日はAマイナーペンタの中でお伝えした、チョーキングすることの多い3弦7f,2弦8f,1弦8fを抑えた上でフレーズを組立てたり、同じフレーズを他ポジションで弾く、オクターヴ変えて弾く、スライドダウンでポジションを戻していく、2弦8f,2弦10f,1弦8f,1弦10fの4音だけでフレーズを作るなど色々お伝えしましたが、一つ一つ振り返りながら確認していただければと思います。一朝一夕では難しいかもしれませんが、意識して引き出しを増やすつもりで、自分に合ったものをためていくと良いです。

◎最後に
本当に、アドリブは何も難しくありませんし、誤った捉え方をすると難しく感じます。
音楽は『音を楽しむ』ことですから、弾いている自分が生き生きとしているのが本質であって、必死になって覚えたことを吐き出すことは決して楽しくありません。ルールとか気にせず、思った通りやって、もっとカッコ良いのを弾きたいという想いは忘れず、楽しむことを忘れずにやっていきましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

16歳にして米国でライブ実現!カウンセラー資格も持つ相談しやすい先生

レッスンノート ページ先頭へ

エレキギター情報

サイタのエレキギター講師がブログを通して、エレキギター情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

エレキギターの先生

@EGuitarCyta