音楽教室ギター教室エレキギターレッスンノート 2/29レッスン内容

2/29レッスン内容

エレキギター教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

2/29レッスンお疲れ様です。

今回も前回に引き続きsteave vai の『tender surrender』を演奏しました。

ソロの途中部分まで聞かせて頂き見させて頂きました。
音とフレーズ一つ一つを丁寧にカヴァーされておられ、ソロの速弾き部分もクリーントーンでしっかり音が出ていました。

惜しかったのはリズムの面でした。
曲はテンポが遅いほどリズムがとりにくくなります。
この曲のポイントは最初の部分は小節の頭に音が入っているためリズムは取りやすいのですが途中から段々小節の頭に音が入らなくなり、16部音符の裏伯の部分から音を入れるパターンが増えてきます(ハーモ二クス音がある小節から)。

そのため16分音符を常に意識した演奏が必要となります。

この曲のテンポで16分音符を意識するのはかなり難しいですが、先ずはメトロノームのテンポを64位で16分音符を口ずさみ、徐々にギターに反映させてみましょう。

音自体は丁寧にコピーされていらっしゃいますので、後はリズムだけです。
頑張りましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

ロサンゼルスで武者修行!ハードな演奏とは裏腹にゆる~いキャラクター

大場エレキギター教室
大場真路 (エレキギター)

西船橋・小岩・市川・本八幡・船橋・津田沼・葛西・浦安・行徳

レッスンノート ページ先頭へ

エレキギター情報

サイタのエレキギター講師がブログを通して、エレキギター情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

エレキギターの先生

@EGuitarCyta