音楽教室ギター教室エレキギターレッスンノート セッションに向けて

セッションに向けて

エレキギター教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

シュガーソング→イントロが意外と難しいですからね(^^;;ハモりも含め、まだ時間もあるので、練習頑張ってみて下さい☆

kamuy→スーパー耳コピクオリティでしたよ(笑)!
S君とのコンビはかなりの強敵!(笑)僕も頑張ります。
Dropを買うか(借りるか)どうかは、また考えてみて下さい☆


Stand by me→今日はあまりやれませんでしたが、今度やりましょう。
ちょっと書いたコードを練習してみて下さい。

テンションについては、お渡しした紙にくっついてるテンションが、♭や#がつかないもの、例えば 9なら、他のテンションも♭、#がつかないテンションが使えます。ナチュラルテンションといいます。
例えばA7(13)というコードなら、A7(9)もアリという事ですね、
逆に♭や#がついてるものに関しては、オルタードテンションといいますが、同じく他のオルタードテンションが使えます。
例えばA7(♭13)ならA7(♭9)や、A7(#9)が使えます。
併せて研究してみて下さい☆
このレッスンノートを書いたコーチ

有名ゲーム曲を手がけ、TV出演多数。業界の裏話も聞けます

ミラクル☆アシスト・ギタースクール
長屋大輔 (エレキギター)

渋谷・代々木・新宿・池袋・吉祥寺・笹塚・調布

レッスンノート ページ先頭へ

エレキギター情報

サイタのエレキギター講師がブログを通して、エレキギター情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

エレキギターの先生

@EGuitarCyta