音楽教室ギター教室エレキギターレッスンノート クロマチックトレーニング、パワーコード、1〜3弦のドレミ

クロマチックトレーニング、パワーコード、1〜3弦のドレミ

エレキギター教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

昨日はレッスンお疲れ様でした!

今回は、クロマチック・トレーニングとパワーコード、3弦5フレット〜1弦8フレットを使ったドレミをやっていきました。
まとめますので、また今後の練習の参考にしてください。

◎クロマチック・トレーニング
6〜4弦を弾く時と3〜1弦を弾く時では、左手親指の位置と手のフォームが変わりますので、この点を意識してください。
詳細は後述します。
指をしっかりと立てて、指の腹ではなく指先で弦を押さえられるように頑張りましょう。
小指は1弦・2弦だけでもOKです。

◎パワーコード
以下のポイントを意識しましょう。
・ギターはヘッドが高くなるように構えましょう。
・親指の位置はネックの真ん中あたりに置きましょう。
・手の甲が前面に向くようにしましょう。
・人指し指と小指は、それぞれ指の外側の側面で弦を押さえるぐらいの気持ちで、指の間をしっかりと広げましょう。

◎3弦5フレット〜のドレミ
ポジションは以前にお伝えしたとおりです。
こちらはなるべく指がヘッド側から斜めに出てくるようなフォームで弾きます。
この時は親指の位置はネックの上部に置いていただく、もしくはネックの上から出していただいてもOKです。
必ず、5フレットー人指し指、6フレットー中指、7フレットー薬指、8フレットー小指の運指は守ってください。
今回はこのポジションでのきらきら星を練習曲としましたので、また練習してみてください。

◎ネックの2つの握り方
ネックの握り方には大きく分けて2種類あります。
これを場面に応じてしっかりと使い分ける必要がありますので、覚えておいてください。

・ロックスタイル(シェイクスタイル)
 主に高音弦を弾く際や、開放弦を用いたコードで使われる握り方です。
 親指ーネックの上部に置く、またはネックの上から出します。
 その他の指ーヘッド側から斜めに指が出るようにします。
 人指し指の付け根はネックの下辺に付けて、親指とでしっかりネックをはさみましょう。

・クラシックスタイル
 主に低音弦を弾く際や、パワーコード、セーハ―系コードを押さえる際の握り方です。
 親指ーネックの真ん中あたりに置きます。
 人指し指・小指ー指先の側面で押弦するような感覚です。
 手の甲を前方に向けて、指の間をしっかり開きましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

大会で優勝歴多数!一歩一歩を丁寧にサポートする快活なコーチ

バンド初心者のためのエレキギタースクール
荒井直人 (エレキギター)

新大阪・天王寺・京橋・天満・鶴橋・寺田町・南田辺・鶴ケ丘・長居・難波・中百舌鳥・北野...

レッスンノート ページ先頭へ

エレキギター情報

サイタのエレキギター講師がブログを通して、エレキギター情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

エレキギターの先生

@EGuitarCyta