ビジネススキル講座文章/文書の書き方講座編集レッスンノート 一つは、ミーハーな感受性を育てること

一つは、ミーハーな感受性を育てること

編集講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

二つめは、人的・物的な情報ネットワークを育てること
そして三つめは、こだわりのテーマ(自分の強み)をより深く掘り下げること

編集者の基本である「企画を立てる」ための原動力は、大きくはこの三つかな、と思います。
今日お話をしながらお伝えしたかったことは、一つめの「ミーハーな感受性」を育てるために、いろんなこと、特に、いまの時代の速い変化の中で、あっという間に忘れ去られようとしている 「古き良き日本の文化」 に目を向けては、ということでした。

新しいものは10代の子たちに任せましょう。
昭和の良き思い出と、平成の世が描き続ける未来との、架け橋を担えるのが私たちかもしれません。
デジタルとアナログを上手に使い分け、共にミーハーに受け止めながら、アナログ世代に向けて語れること、デジタル世代に向けて語るべきこと、を考えてみませんか。

追加課題です。
1)10~20代(の男女)に向けて、浴衣や着物に関心を持たせるための企画
2)30~40代のミセスとミスに向けての、同企画
3)50代以上の方たちの箪笥に眠るたくさんの着物を、経済価値的に仕分けして、娘に息子に、嫁に、夫に、譲ることを考えましょう企画

以上対象を分けた3つから、考えやすい世代を選んで、企画を立ててみてください。媒体は、雑誌に限らず、放送でもSNSでもYouTubeでもなんでもOKです。着物や和装グッズのメーカーから依頼されたと考えてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

小学館にて勤務、取材・執筆を40年超。多趣味な先生と話題広がるレッスン

書きたい人はBE MY GUEST
斎藤恒之 (編集)

新大阪・梅田/大阪・天王寺・京橋・難波・淀屋橋・千里中央・江坂・本町・心斎橋

レッスンノート ページ先頭へ

編集情報

サイタの編集講師がブログを通して、編集情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!