音楽教室ベース教室エレキベースレッスンノート ベースを弾く前にまずチューニングしよう

ベースを弾く前にまずチューニングしよう

エレキベース教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れさまでした!

楽しんでベース弾いていただいてたみたいで良かったです!

これから継続してレッスンを受けてみたいと
お考えでしたら、是非一緒に頑張っていきましょう!
もっとベースを好きになってもらえるように僕も頑張ります(^_^)


今日覚えてもらった事をいつでも思い出してもらえるように内容を書いておきますね!


•ベースを弾く前にまずチューニングしよう

1弦→G
2弦→D
3弦→A
4弦→E

チューナーを使って音を合わせます。
音が上がり過ぎてしまったら、必ず弦をゆるめてから締めて合わせるように気をつけてくださいね!

•次は両手のストレッチをしよう
両手首、右手は指を反らして伸ばす。
左手は各指の間を、握り拳で拡げて、人差し指と小指を拡げるのも忘れずに!

•右手の基礎トレーニング
まず、親指を4弦の上に乗せる。
1弦を中指で弾いたら、2弦で止める。
同じように、人差し指で弾いたら、2弦で止める。この動作を繰り返して行うのが2ヒィンガー奏法です。
ここで大事なのは、弾いた音をすぐ止める!
音の長さを常に短い状態をキープできるようにしましょう!
最初はゆっくりのテンポで、慣れてきたら少しずつテンポを上げていきましょう!

1弦ができるようになったら、2弦3弦4弦と弦を変えて弾いてみましょう!


•左手の基礎トレーニング
まず下記のように4弦に指をセットします。
人差し指→5フレット
中指→6フレット
薬指→7フレット
小指→8フレット

この状態で気をつける事
•親指はネックの半分から下の部分に、中指のちょうど裏側にくる所にもってきます。

•各指は反らないように指を立てて弦を押さえます。

•手首を前にもってくると押さえやすくなります。弦が下に行くにつれて手首を引いていくと常に指が立った状態で弦を押さえられます。

以上を注意してセットできたら、各指を一本ずつ下の弦に移動させていきます。
このとき他の指が動かないように、指が反らないように気をつけましょう!下までいったら上に戻ります。
まずはこれをマスターしましょう!

慣れてきたら、人差し指と薬指、中指と小指の2本同時に動かすのも挑戦してみよう!



基本が大事とよく聞きますが、ベースは今日教えた基礎トレーニングができるとできないでは、上達のスピードが格段に変わります!

ですので、是非頑張ってみてください(^_^)
これは空いた時間に家でテレビ観ながら弾くのがオススメです!



最後にベース購入をご検討でしたのでアドバイスを!
弾きやすいベースが1番なので、
フェンダーのジャズベースタイプかプレシジョンベースタイプをオススメします。

楽器店にいる店員さんに予算と一緒に伝えれば、店員さんが探してくれますよ!
あとは自分で、見た目や弾いた感じなど好みにあったものを選んでください!
ちなみにレッスンで使ったのはジャズベースタイプです☆

ついでにベースと一緒に買うと良いものを追記しておきます。
•チューナー
•シールド【楽器とアンプを繋ぐケーブル】
※3メートルが良いでしょう。
以上は必ず持っていた方が良いものです。


かなり長文になってしまいましたが、是非参考にしてみてください!
このレッスンノートを書いたコーチ

元ORANGE RANGEドラマーと共に活躍中。ポップス~R&Bまでお任せ

yosukeベーススクール
yosuke (エレキベース)

渋谷・新宿・吉祥寺・荻窪・西荻窪・明大前・下北沢・高井戸

レッスンノート ページ先頭へ

エレキベース情報

サイタのエレキベース講師がブログを通して、エレキベース情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

エレキベースの先生

@EBassCyta