サイタ音楽教室ベース教室エレキベース 東京 ベース速攻上達塾 レッスンノート ベースの基本を学ぼう!

ベースの基本を学ぼう!

エレキベース教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回はベースを弾く上で基本となるテクニックを学びました。以下ポイントです。

1.右手のフォームに気をつけよう!
①基本的に2フィンガー(中指、人差し指)で演奏します。その時、2本の指の長さが異なると音にバラツキが出てしまいます。そのため、手首を人差し指側に曲げ角度をつけることで2本の指の長さを揃える必要があります。
②親指の位置は
4、3弦ピッキング時→フロントピックアップ上
2弦ピッキング時→4弦上
1弦ピッキング時→3弦上(親指側面で4弦をミュート)
を意識してください。フレーズによりこの限りではありません。
③弦はピックアップに垂直に鳴らしましょう。弦を押し込むようにして鳴らせばベースらしい太い音が得られます。人差し指と中指をバタ足の要領で動かしてください。(指がフニャッとならないように!)

2.左手のフォームに気をつけよう!
①ハーフポジション→人差し指、中指、小指を使い3つのフレットを押さえる
②クラシックフォーム→人差し指、中指、薬指、小指を使い4つのフレットを押さえる
上記の2点が左手の主なフォームです。
どちらのフォームもフレットのすぐ左隣を押さえ、弦をベンドしないように注意してください。また一回弾いた指は離さず押さえっぱなしにしておくのもポイントです。
最初は指を開くのが大変なのでフレットの間隔が狭いハイポジションで練習しましょう。慣れたら1フレットのローポジションでもやってみましょう。

以上です。最初は大変ですが、ベースを弾く上で欠かせないテクニックですので、定着するまでこまめに練習していきましょう!

目的・種類別にエレキベース教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

今回はベースの基本である2フィンガーと左手のフォームについて練習しました。以下ポイントです! 1.弦はピックアップに垂直に鳴らすべし 下に押し込むようにピッキングすることでよりファットでウォームな音が出せます。 2.人差し指と中指の長さは揃えるべし 二本の指の長さの違いから音量...

今回はベースの基本となる 1.左手の使い方 2.2フィンガーのフォーム を重点的に行いました。 左手に関しては、ハーフポジション、クラシックフォームの使い分けをし、指が寝ないように、フレットのそばを抑えられるように意識しましょう! 右手は弦を押し込むようにピッキングすることで太い...

今回はベースの基本的な運指と奏法を学びました! まず、左手はハーフポジションを覚えましょう!3フレットを4本の運指で演奏する最も基本的なフォームです!これが正確にできるようになると殆どの曲は弾けます! 後は右手のピッキングは弦を押し込むように! これができれば完璧です!

今回はベースの基本的な運指や右手の奏法を学びました。経験があるだけに飲み込みはとてもよろしいです! 左手の指が寝ないように、後は右手のピッキングは押し込むように、これだけ気をつけてもらえれば今回のレッスンは完璧です! 基礎を身につけてより良い演奏ができるようになりますので頑張っていきましょ...

今回はベースの基本の弾き方であるツーフィンガーと運指法であるハーフポジションについてレクチャーしました。 ツーフィンガーは 1.弦を押し込むように弾く! 2.手首に角度をつけて人差し指と中指の長さを揃える! 3.弾く弦によって右手の親指のポジションを考える! がポイントです。 ...

レッスンノート ページ先頭へ

エレキベース情報

サイタのエレキベース講師がブログを通して、エレキベース情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

エレキベースの先生

@EBassCyta