サイタ音楽教室ベース教室エレキベース 神奈川 あなたをひきだすエレキベース教室 レッスンノート ベース本体/チューニング/リズム基礎/

ベース本体/チューニング/リズム基礎/

エレキベース教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

<1>ベース本体

3つのコントロール内側から

   a.フロントピックアップ b.リアピックアップ c.トーンコントロール

となっています。
基本スタイルとして3つのコントロールともフルに回して使用してください。


<2>チューニング

   細い弦から1.2.3.4弦となり

   4弦<E>ミ
   3弦<A>ラ
   2弦<D>シ
   1弦<G>ソ


チューナで確認しながら音程が、低い場合(チューナーの針が中央より左)は、弦を巻く方向にペグを動かし、高い場合は、弦を緩める方向に動かし音程を調整します。

分からなくなったら一度、弦を緩めてからチューナーが反応する所まで巻いていくと分かりやすいです。

<3>リズムトレーニング基礎<重要>


リズムを1.2.1.2.としてカウントし体を倒して起こす。
あげる時に筋力を使う様に意識する。

1.2.1.2というリズムの数え方を馴染ませていくと不思議と出音がまとまって聞こえる様になってきます。


<重要///ポイント///体は<はっきりと動かしながら> 弾く感覚は、<ユッタリ目>で捉える様にしていきます。>

<4>右手ツーフィンガー奏法

フロントピックアップに親指を置き、そこから各弦までの長さを計りながら弾いて行きます。
人差し指、中指を交互を前提にまずは、<力強く弾いて行く>事を覚えて頂ければと思います。


<5>コード(和音)に合わせて

C-Am-Dm-Gという循環コード進行に合わせてベースを弾いて行きました。
タイミングの感覚もとても良かったと思います。

今後の方針としてこうしたコード進行にどういう音程、メロディーが合ってくるのか等を体験していただき、音楽がどの様に作られているかを感じながら吸収していって下さればと思っています。
このレッスンノートを書いたコーチ

元・大手楽器店の講師!経験豊富だからできるアナタの個性を生かした指導

目的・種類別にエレキベース教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

Fブルース後半部分の2-5コードに使用できるスケールをやっていきました。 <1>Am-D7 キーGと解釈して    Gイオニアン(メジャースケール    Dミクソリディアン    Cリディアン    などが使えます。    今回は、Cリディアンを...

<1>裏と表 8分音符の裏と表を聞き分けてリズムのトレーニングをしていきました。 (1.2.3.4.) 数字の部分が表拍、.の部分が8分の裏と言う部分になります。 裏打ちメトロノームは、この8分裏で鳴らしています。 8ビートフレーズを弾きながら<裏の音であるメトロノー...

<1>ミクソリディアン&メロディックマイナー 前回の復習部分になります。  C-Am-Dm-G7 上記コード進行にて<ソラシドレミファソのGミクソリディアンスケール>を基本にし以下の音を避けた運指を使います。 1.C−Amの部分は、ファを避けます(1弦10フレット) ...

<1>リズムの捉え方   1.2.1.2の体の動きを基本にカウントします。   音楽を聞く時に是非、意識的にカウントをとってみて下さい。   ベースのタイミングは、常にゆっくり目を心がける事がポイントになります。 <2>ライブに向けて(確認や必要機材)    1.演奏...

<1>右手の使い方   ご質問いただいた右手の使い方からでした。   右肘、肩を少しあげて弦にあたる指を少し深めにしていきました。   そうする事で、出音に躍動感が出て来てくっきりとしたピッキングになります。 <ポイント> 右手は、指のあたる角度や指先の位置、また...

レッスンノート ページ先頭へ

エレキベース情報

サイタのエレキベース講師がブログを通して、エレキベース情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

エレキベースの先生

@EBassCyta