サイタ音楽教室ベース教室エレキベース 神奈川 あなたをひきだすエレキベース教室 レッスンノート チューニング・ベースコントロール

チューニング・ベースコントロール

エレキベース教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

1.チューニングメーター使い方

 お持ちのチューナーにはモードが三つありましたのでベース、ギターモードではないポジションで使ってみてください。

 太い弦から4.3.2.1弦となり、チューニングは、<E.A.D.G>となります。

 ペグを回して弦を緩めると音が低くなり、締めると高くなります。

 メーターを見ながら調整して分からなくなったら一度、ガクンと下げてしまうと良いと思います。
 
 コツは、ボーンと弾いたらメータを見ながらゆっくりとペグを回していく事です。
 あまり連続で弾くとチューナーが反応しにくくなります。

2.ベースのコントロール

 お持ちのベースのコントロールノブの説明です。

 <真ん中> 

    ボリュームなのでフルに回しておくのが基本となります。

 <手前ネック側>

   ピックアップのバランスとなり、バランサーと呼ばれます・音の好みで位置を調整しますが、基本は、真ん中にします。

 <ブリッジ側>

  トーンのコントロールで音が明るくなったり暗くなったります。爪を用いて弾いていて音が痛いなぁ、と感じる様であれば、少しトーンを暗めの音にしても良いかもしれません、基本は、一番明るい音に設定していおきます。


3.左手の押さえ方

 親指を支点に人差し指でググっと力を入れ押さえます。
 まずは、この一点を集中して押さえる様にします。


4.右手ツーフィンガー

 親指をピックアップにおきそこを支点にして弾いていきます。
 詳しく説明はしませんでしたが、十分な音と安定感が出ておりました。



5.リズムトレーニング<基礎>

  リズムを1.2.1.2.としてカウントし体を倒して起こす。
  あげる時に筋力を使う様に意識する。


 <ポイントは、横ノリではなく、前後や上下というイメージで捉えることです。>


6.リズムトレーニング <手拍子>

 体を振り子にしながらリズムをとる方法の次のステップになります。
 体の動くと同じ様に片手を固定した状態で手拍子をします。

 <これも横ノリにならない様に前後の運動として行ってください>
このレッスンノートを書いたコーチ

元・大手楽器店の講師!経験豊富だからできるアナタの個性を生かした指導

目的・種類別にエレキベース教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

<1>和音 4弦と1弦を使った和音をやっていきました。 <例> コードG(GM7,G7などメジャーコード) 4弦3フレット(G) 1弦4フレット(B) Gがルート音でBが長3度(メジャー3rd) 上記の押さえ方でずらしていけば、各コード使えます...

<1>Dメロディックマイナー Dメロディックマイナースケールを練習していきました。 ポジション 4弦10.12.13 3弦10.12 2弦9.11.12 になります。 <2>メロディックマイナー各モード Dメロディックマイナーから派生するモー...

<1>G7コード・ブルース G7コードでのアドリブをやっていきました。 適用スケールは、Bbメジャーペンタトニックです。 スケールの音使いとしては、Gmペンタと同じになり、ブルーノート(b3.b5.b7) を強調したブルース風のサウンドになります。 <2>G7・メ...

<1>7thコードでのアドリブ G7のコードで適用スケールをやっていきました。 いわゆる7th(ドミナント)コードでは様々なスケールを使えます。 ブルース調で使われるマイナーペンタトニックを今日はやってみました。 G7nに対してGマイナーペンタを使います。 そのままの...

<1>7thコード(5.6.7度) E7のコードを例に5.6.7度の意識、フレージングのポイントをやっていきました。 --- ルート 7th(短7度) 6th(長6度)(13thでもあります) 5th(完全5度) --- 低音弦でのライン、ハイポジションでのラインを触り...

レッスンノート ページ先頭へ

エレキベース情報

サイタのエレキベース講師がブログを通して、エレキベース情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

エレキベースの先生

@EBassCyta