サイタ音楽教室ベース教室エレキベース 神奈川 Atomic Bass Lab. レッスンノート ベースの基本:楽器と体の位置、右手、左手

ベースの基本:楽器と体の位置、右手、左手

エレキベース教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスン、お疲れさまでした。

今回は最初ということで、まず演奏フォームの確認を行いました。
楽器の持ち方は、ジャズベースのシェイプが体型にマッチしていて、とても良かったです。

左手:
親指の位置(ネックの裏、中指と対になる位置)、弦を抑える指の確認。(人差し指と小指)
音の長さの調整(スタッカート、ミュート)の確認
右手:
2フィンガーで弾く場合、親指はフロントピックアップの上、弦を弾いた後で次の弦に止める(アポヤンド奏法といいます)の確認。

また、ステージまでに4曲ほど仕上げるのが目標とのことでしたので、2曲だけですが演奏曲の確認を行いました。
使う音の位置を覚えるために、リズムマシーンに合わせて、ゆっくりしたテンポで弾いていきました。

一回のレッスン内容としては少し駆け足だったかも知れませんが、全てを一気にできるようにしようとはせず、ひとつづつ確認しましょう。
まずは今日確認した、右手、左手のフォームを保った状態で弾く練習をしてみて下さい。
このレッスンノートを書いたコーチ

長年のライブ経験が武器!サウンド制作も手掛ける先生。多弦ベースも対応

目的・種類別にエレキベース教室・レッスンを探す

レッスンノート ページ先頭へ

エレキベース情報

サイタのエレキベース講師がブログを通して、エレキベース情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

エレキベースの先生

@EBassCyta