サイタ音楽教室ベース教室エレキベース 埼玉 smartベーススクール レッスンノート レッスンお疲れ様でした。

レッスンお疲れ様でした。

エレキベース教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

【アンプの使い方】
アンプの電源のON,OFFは必ずシールドをアンプに繋いだ状態でアンプのボリュームを0にしてから行います。
電源をオンにしたら、最初にベース本体のボリュームを全開にしてEQ(BASS,MID,TREBLE)のつまみは真ん中に設定します。
次にインプットボリューム(GAIN)を少しずつ上げて、強く弾いた時にピークランプが少し点灯するまで上げます。
最後にスピーカーから外に出す音量をアウトプットボリューム(MASTER)を少しずつ上げて調整します。
GAINとMASTERの関係は大事なので覚えておいて下さい。スタジオ、ライブハウス、ベースアンプのある場所では常に役に立ちます。
【運指練習】
上りのフレーズと下りのフレーズをやりました。
左手の親指の位置取りが決まれば手首の負担も少なくなります。
全体的にはとても良くしっかり理解して弾けていますので、どんどん上達すると思います!!
下りのフレーズはとても滑らかに弾けていて素晴らしいです!!
このレッスンノートを書いたコーチ

RAMARのベーシストとしてライブやイベントで活躍!どんどん質問して上達

目的・種類別にエレキベース教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

【運指練習】 テンポ100→120→140でやりました。 【sing sing sing】 譜面の8~9段目をやりました。 ここは決めフレーズですので、落ち着いて一音一音しっかり弾いて決めましょう。 難しいフレーズではないので余裕ができればきっちり決める事ができます。 家で復習して...

【運指練習】 テンポ100→120→140でやりました。 【sing sing sing】 譜面の5段目までやりました。 テンポはゆっくりで良いので譜面を見ないで弾けるように覚えてしまおう。 覚えてしまえば徐々にテンポアップして練習するのみです。

【運指練習】 テンポ100→120→140でやりました。 【sing sing sing】 譜面の2段目までやりました。 テンポが速い曲なので何度も練習して身体で覚えるのが良いと思います。 テンポを下げてゆっくり弾けるようになってから徐々にテンポアップしていきましょう。

【運指練習】 テンポ100→120→140でやりました。 【File2】 前半の4小節を中心にやりました。 成功率を上げるために身体でフレーズを覚えてしまいましょう。 ※sing sing sing音源等調べてみます。

【運指練習】 テンポ100→120→140でやりました。 【File1】 リズムも良く取れています。本日でクリア。 【File2】 4ビートのジャズっぽいフレーズになっています。 音使いに違和感があると思いますが、最初は丸暗記から始めて身体でフレーズを覚えてしまいましょう。

レッスンノート ページ先頭へ

エレキベース情報

サイタのエレキベース講師がブログを通して、エレキベース情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

エレキベースの先生

@EBassCyta