音楽教室ドラム教室レッスンノート 楽曲の演奏ポイントについて

楽曲の演奏ポイントについて

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。

実際の鍵盤楽器がない中でのレッスンでしたので、
とても分かりにくい部分があったかもしれません。

マレットの持ち方など、いくつかアドバイスをさせていただきますので
是非参考にしてみて下さい。

スネアドラムのスティックは腕と一直線になるように持つことが多いですが、
鍵盤のマレットは柄を中指・薬指・小指で優しく握り込むように持つため
必然的に腕とマレットに角度がつきます。
演奏をしているうちにスティックの持ち方のようになってしまいますので
注意しましょう。

またマレットは手先でちょこちょこと振るのではなく、
マレットの玉の重みや柄のしなり、腕・指の動きなどを上手く利用して
欲しい音色や音量が得られるように工夫してみましょう。

演奏時の注意点をご紹介します。

シロフォンやマリンバには音盤に紐が通っています。
その紐の上は音が綺麗に鳴りませんので、
基本的には音盤の真ん中を両手共に狙えるように意識しましょう。
特に派生音(ピアノの黒鍵にあたる音です)は
紐の上や鍵盤の端っこを演奏しがちなものですので、気をつけて下さい。

楽曲の演奏ポイントについてです。
前半は伴奏の役割ですので、しっかりとメロディーを意識し
引き立てるようにしましょう。
シンコペーションや裏から演奏し始めるといったことがとても苦手なようです。
リズム自体が不安定になりがちですので、
メトロノームに合わせても演奏できるように練習してみて下さい。

グロッケンに変わるところからメロディーとなります。
ここからはしっかりと音楽を引っ張ってゆくイメージで演奏しましょう。
16分音符、二拍三連などリズム変化が多く、ミスタッチも怖いと思いますので
とても難しく感じられることかと思います。
リズムの確認と音の確認、といったように練習を分割してみてもよいと思います。

また二拍三連のリズムは
“付点八分音符、十六分音符、八分休符、八分音符”
のリズムにならないよう注意しましょう。

中間部で出てくるビブラフォンのカデンツァですが、
まずはメトロノームを速めのテンポに設定し、
一定のテンポで叩けるようになってから
テンポをフリーにするようにシフトした方がよいでしょう。

イメージとしてはハープの演奏です。
前半をゆっくりから演奏を始めて徐々に速めてゆき、
再び落ち着かせてフェルマータ。
後半も同様に演奏するとよいと思います。

この楽曲は中間部のワルツ以外はG-Dur(G-major・ト長調)、
ワルツはB-Dur(B flat major・変ロ長調)です。
臨時記号も多い曲ですが、時間が許す限りスケールの練習をおこなうことで
調号を落とすことが減ったり、鍵盤の感覚に慣れることにも繋がります。

じっくり練習してみて下さい。
このレッスンノートを書いたコーチ

クラシック+ドラム、パーカッション。指揮者とのかかわり方お教えします

パストラル・ドラム教室
園田康治 (ドラム)

横浜・五反田・目黒・恵比寿・渋谷・市ケ谷・都立大学・自由が丘・新丸子・白楽・奥沢・た...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta