サイタ音楽教室ドラム教室 神奈川 ケン・ドラムスクール レッスンノート 本日のレッスンお疲れ様でした。...

本日のレッスンお疲れ様でした。...

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日のレッスンお疲れ様でした。
カルテ送信いたしますので、ご確認ください。

■数を数える
ドラムを叩く上でカウントを取るということは、
必要不可欠です。
「1と2と3と4と」と数えましょう。

■ハイハット
右手で演奏します。
手の甲を上にして、ものを投げるように振りましょう。
「1と2と3と4と」すべての音を出します。
4分の4拍子、一小節で8個の音を出します。

■スネアドラム
左手も右手と同様の構えをします。
「1と2と3と4と」の2、4に音を出します。

■バスドラム
「1と2と3と4と」の1、3に音を出します。
構えはかかとを上げ、背伸びした形を作り素早く踏み込みます。

■ドラムの演奏
よく歌う歌をイメージして演奏しました。
今後バンドで演奏する際も、歌をイメージし、
カウントを取り演奏しましょう。
また、複数で演奏する際は、失敗しても止まらないようにしましょう。
打ち損じても、時間は待ってはくれません。
流れる時間に食いついて頑張ってください!
このレッスンノートを書いたコーチ

難しく考えず“あなたの"理想の音を。ロックから吹奏楽バンドまで

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした。 カルテ送信いたしますので、ご確認ください。 ■アクセントノートとストローク ダウンストローク、フルストロークがアクセントを演奏します。 アップストローク、タップストロークがノンアクセントを演奏します。 ・ダウンストローク(D)は高い位置から振り下ろし...

レッスンお疲れ様でした。 カルテ送信いたしますので、ご確認ください。 ■譜面について サウンドが可視化されるので、メリットはあります。 長い目で、おまけ程度で頭の片隅に本日実施したことがあれば 十分です。なんとなくでいきましょう。 ■ベーシックな演奏について 本日...

レッスンお疲れ様でした。 カルテ送信いたしますので、ご確認ください。 ■パラディドル復習 譜面を見ながら復習しました。 R(L)RR L(R)LL ( )内の音符はアップストロークで演奏します。 速さは不要です。 ■右足四分音符とパラディドル 右足の四分音符を大きめの音...

レッスンお疲れ様でした。 カルテ送信いたしますので、ご確認ください。 ■エイトビート思い出し 緊張感を持ちつつ演奏に臨めました。 硬さはあれど素直なビートで全く問題ありません。 基本このイメージで練習しましょう。 ■ミドルテンポでの演奏 恐れることはありません。 ...

レッスンお疲れ様でした。 カルテ送信いたしますので、ご確認ください。 ■パラディドル復習 手順が整ってきました。 アクセントとノンアクセントを区別できる様に しましょう。 ■16分音符、8分音符 四分音符、テンポをしっかりと意識しましょう。 手順にとらわれて四分...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta