サイタ音楽教室ドラム教室 神奈川 ケン・ドラムスクール レッスンノート 本日のレッスンお疲れ様でした。...

本日のレッスンお疲れ様でした。...

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日のレッスンお疲れ様でした。
カルテ送信いたしますので、ご確認ください。

■フォービートの確認
耳慣れたビートだけあり、
よく覚えていただいております。
さらに曲を聴いていただき、
感覚を研ぎ澄ませましょう。

■フットハイハットワーク
素早く踏み込みます。
慣れが必要ですので引き続き実施します。
重心が後ろにいくと、踏み込みに力みが見られたり、
シャープな音が表現できなくなります。
また、太ももが開かないようにするとさらに良いです。

■三連符
シンバルレガートを三連符に分解して解説しました。
別紙をご参照の上、復習してください。

■練習のヒント
両足の動きをキープしたまま、
教則本のパターンを両手で練習する、
右手の動きをキープしたまま、
左手で教則本を練習する。
などの方法が、有効な練習方法です。
このレッスンノートを書いたコーチ

難しく考えず“あなたの"理想の音を。ロックから吹奏楽バンドまで

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした。 カルテ送信いたしますので、ご確認ください。 ■エイトビート思い出し 緊張感を持ちつつ演奏に臨めました。 硬さはあれど素直なビートで全く問題ありません。 基本このイメージで練習しましょう。 ■ミドルテンポでの演奏 恐れることはありません。 ...

レッスンお疲れ様でした。 カルテ送信いたしますので、ご確認ください。 ■パラディドル復習 手順が整ってきました。 アクセントとノンアクセントを区別できる様に しましょう。 ■16分音符、8分音符 四分音符、テンポをしっかりと意識しましょう。 手順にとらわれて四分...

レッスンお疲れ様でした。 カルテ送信いたしますので、ご確認ください。 ■四分音符 大きく振りかぶり四分音符を演奏します。 タム、シンバルも同様に演奏してみました。 バスドラムをシンバルと同時に鳴らします。 確実に四分音符を演奏し、音の輪郭、スピード感 音量もしっかり考えたサウ...

レッスンお疲れ様でした。 カルテ送信いたしますので、ご確認ください。 ■セッティング ドラムの椅子をさらに低いものに変更しました。 バスドラムのペダルに足が届くようになり、 演奏が楽になりました。 きちんと座ることを目標に様子を見ながら セッティングを考えていきます。 ...

レッスンお疲れ様でした。 カルテ送信いたしますので、ご確認ください。 ■ドラムを楽しむにあたり 機材を大切に扱う。 怪我をする可能性があるので暴れたりしない。 スティックで人を叩かない。 スティックを機材の間に入れたり、演奏以外のことをしない。 耳が痛くなったら休む。 これ...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta