サイタ音楽教室ドラム教室 大阪 PADドラムスクール レッスンノート =================...

=================...

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

===================
〜Rhythm coordination〜
リズムの勉強からです。慣れるまではちょっと難しいけどお話ししたようにドラムが覚えるべ^っシックなところはこの16パターンだけでOKです。このパターンをベースにして倍にしたり少しズラしたりして雰囲気を変えていくと聴こえ方がガラっと変わります。
表現したい音をはっきり発音するためにキレイな場所をまずは覚えましょう。
特にウラは苦手な部分だと思うのでしっかり練習しましょうね。

==================
〜Ensemble Training〜
その後アンサンブル練習でした。意外と適当に書かれているドラム楽譜の読み方もやってから本編でした。今回は少しだけだったので次回じっくりリズムやりましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

ファンクやインストも!一つの疑問も超丁寧に答えてくれるから厚い支持

新着レッスンノート

ウォーミングアップで足の練習しました。 上手くコツを掴んで動かします。頂上でつま先で1発目、降りながらカカトで2発目を床でいいので足首を動かす癖を習得しましょう。 後半は前回に引き続き完全感覚dreamemrのイントロ練習でした。 手の速さは慣れの集大成です。やればどんどん速くなるけ...

今回はレベルあげてワンオクロックの「完全感覚Dreamer」のイントロのドラムフレーズのコピーです。 まずはウォーミングアップでパッドを使って手のスピードを上げる練習から。 新しく「リバウンド」を教えました。 腕の角度下がらないように注意しましょう。 指の力は抜くけど離さない絶妙な...

久々のレッスンだったので前回までやっていた練習のおさらいから。 手を8ビートでキープしながら足を移動させていく練習をする時は頭の中でカウントしたり出したい音をイメージしてドン・チ・タン・チと歌えるようにすればスムーズにできてきます。何度も練習してください。イメージはかなり大切です。 曲...

16分音符対策でした。 間にキックをいれますが、その形でやっちゃうとあんまり意味ないので手の動きの中に足が別のレイヤーで入ってると考えてできるようにしましょう。 今回やったパターンはスネアとキックだけですが、タムやシンバルにも移動して自分なりにアイデアをだしてクリエイティブに練習しましょう...

今回はリクエスト中心のメニューをいつものレッスンさながらにやってみました。 たくさん伝えたいことがありますが、時間も限られてるのでそれぞれかいつまんでダイジェストに。 特にダブルストロークのトレーニングはかなり有効なやつを紹介しました。是非何回も何回もトレーニングしてください。 実際のレ...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta