サイタ音楽教室ドラム教室 東京 FREEDOMドラムスクール レッスンノート 課題曲の練習を進めていきました。...

課題曲の練習を進めていきました。...

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

課題曲の練習を進めていきました。

楽曲のBメロ部分を集中的に練習しましたが、テンポが速い中での細かな音符に苦労したと思います。
なるべく出音をキレイな音にする努力をしていって下さい。特にハイハットのオープン・クローズなどはクローズの音がキレイに出ていないと聞こえ方がうるさくなってしまいます。

ここはじっくりと慌てないで、出来ないことは一旦原曲のテンポを忘れてゆっくりなテンポで練習して下さい。
それと、フレーズを頭で覚える能力もドンドンと付けていってもらいたいですね。ホワイト・ボードや譜面に頼るのはフレーズを理解する時だけにして、後は頭で消化していけるようになると良いと思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

受講者の喜びの声多数!日本唯一の打楽器教育機関で指導を学んだベテラン

新着レッスンノート

課題曲の練習と仕上げの演奏をしました。 今回の楽曲は、これまでの楽曲などに比べると演奏は楽だったと思います。 ですが、今回の目的は「完全コピー」ではなく、その楽曲の中に隠れている、演奏する人が知っていて欲しい「演奏の流儀」のようなものを探ることでした。 何気なく演奏されている「フレー...

課題曲の練習を進めていきました。 だいぶ形になってきていますね。楽曲の構成などは、譜面を見なくても覚えられたのではないでしょうか。 譜面の全てを覚えて演奏しなくても良いので、出来るだけ早く譜面から目を離せるようにしましょう。 譜面を見やすい所に置いておくと、何故か譜面に視線が行っ...

課題曲の中で演奏されているリズムパターンの練習を進めていきました。 右手が二つの動きを繰り返していきますが、より効率的に動かしていくには拍のオモテにくる「ダウン・ストローク」の腕の動きを強く意識して振っていき、その「ダウン・ストローク」を叩き終えてもう一度スティックを振り上げる時の肘の動...

今回から新しい課題曲を練習していきます。 レッスンのテーマとしては「知っておくべき演奏の流儀を身に付ける」です。 シンプルな楽曲なので、構成はすぐに対応出来ると思います。ですが、ドラムのアレンジはとても考えられたもので、演奏されている内容も素晴らしいです。 楽曲中で演奏されているフレ...

課題曲の中で使われているリズムパターンの練習を進めていきました。 ハイハットを刻む右手が、二つの動きを繰り返していきます。前回のレッスンで説明させて頂いた「ダウン・ストローク」と「アップ・ストローク」です。それぞれのストロークのポイントをしっかり頭に置きながら練習を進めていく事が大事にな...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta