サイタ音楽教室ドラム教室 東京 FREEDOMドラムスクール レッスンノート 課題曲の練習を進めていきました。...

課題曲の練習を進めていきました。...

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

課題曲の練習を進めていきました。

楽曲のBメロ部分を集中的に練習しましたが、テンポが速い中での細かな音符に苦労したと思います。
なるべく出音をキレイな音にする努力をしていって下さい。特にハイハットのオープン・クローズなどはクローズの音がキレイに出ていないと聞こえ方がうるさくなってしまいます。

ここはじっくりと慌てないで、出来ないことは一旦原曲のテンポを忘れてゆっくりなテンポで練習して下さい。
それと、フレーズを頭で覚える能力もドンドンと付けていってもらいたいですね。ホワイト・ボードや譜面に頼るのはフレーズを理解する時だけにして、後は頭で消化していけるようになると良いと思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

受講者の喜びの声多数!日本唯一の打楽器教育機関で指導を学んだベテラン

新着レッスンノート

十六分音符のプリントの練習を進めていきました。 今回は「一拍の中に三発」のパターンを練習しました。ここまでくると、右足がかなり忙しくなります。慌てて踏もうとせず、ゆっくりなテンポで確実に踏んでいけるようにしましょう。 普段の演奏には出てこないようなパターンかも知れませんが、その音型があ...

課題曲の練習を進めていきました。 レッスンの最初に、前回も少しふれた「フロアタムをしっかりと鳴らす」練習をしました。 「腕を振り抜く」と「打面より更に奥を目掛けてスティックを振っていく」という話しをさせて頂きましたが、中々イメージが掴めないかと思います。 僕が実際に目の前でやってみま...

課題曲の練習を進めていきました。 譜面Cセクションのおさらいと最後のフレーズを確認しました。 リズムがハーフの部分は、何拍目にスネアが入っているのかを再確認しました。リズムがハーフなので、三拍目は当然入りますが、その他にもスネアが入っている箇所があります。これを見落とさないように気を付...

課題曲の練習を進めていきました。 譜面のCセクションのおさらいから始めていきました。Cセクション最後のフレーズの手順と練習の進め方を説明させて頂きました。 まずは一拍ずつ見ていくのが常套手段です。一・三拍目は八分音符ですから、難しくないですね。問題は二拍目の音型です。 十六分音符の一...

十六分音符のプリントの練習を進めていきました。 一拍の中に二発入るパターンのハードルを上げていきました。右手の刻みをライド・シンバルにして、左足のフット・ハイハットも加えました。フット・ハイハットは二・四拍目に踏んでいき、それが出来てきたら四分音符で踏んでいきましょう。右足と左足の動かし...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta