サイタ音楽教室ドラム教室 東京 FREEDOMドラムスクール レッスンノート 十六分音符のフレーズの練習

十六分音符のフレーズの練習

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

前回から始めた「十六分音符のフレーズ」の練習のおさらいからスタートしました。

前回のレッスンから少し時間が空いてしまったので、改めて練習の進め方の説明から始めていきました。
八分音符と十六分音符の往来では、八分音符を右手だけで演奏します。この右手での八分音符と、リズムキープで入れる右足の四分音符が「リズムの中心」となるようにします。この右半身の動きが、左手に釣られてテンポが揺らいでしまってはいけません。十六分音符の連打は、右手がずっと八分音符を演奏している事を常に頭に置いて練習して下さい。
八分音符から十六分音符、また八分音符へと行ったり来たりする中で右手の動きが変わらないように、演奏しているテンポが揺らいでしまわないように気を付けながら進めていって下さい。また、右手の音と左手の音の音量がバラバラにならないように、出来る限り均等に並べる事も大事です。

十六分音符の連打の手順は「右・左・右・左」の繰り返しですが、両手の使い方(腕・手首の上げ幅、スティックの振り上げ角度、ショットするスピード・・など)を揃えられるようにしたいですね。
それと、十六分音符は音が細かく、テンポが上がってくるとそれなりに速くスティックを動かさないと演奏出来ません。片方の手でショットしたと同時に、もう片方の手を振り上げてショットに備えておかないとキチンとした音の並びで演奏出来なくなってしまいます。特に左手の振り上げが上手くいかなかったようでしたので、少し時間を割いて練習しましたが終盤良い感じになってきました。
この「良い感覚」というのを忘れないうちに、復習としてご自宅でスティックを振るようにして下さい。レッスン中にも言いましたが、ご自宅では姿鏡などを用いて練習すると、ご自分の腕の動きやスティックの軌道が確認出来るのでお勧めです。

プリントの一番から三番までは、十六分音符フレーズの基本形とも言えます。まずは、この三つのフレーズを確実に仕上げられるようにしていきましょう。次回のレッスンまでに、頑張って練習しておいて下さい。
このレッスンノートを書いたコーチ

受講者の喜びの声多数!日本唯一の打楽器教育機関で指導を学んだベテラン

新着レッスンノート

十六分音符を使ったフレーズの練習を進めていきました。 今回はメトロノームを聞いてもらいながら、練習していきました。テンポはBPM78から85で、八分音符までを鳴らしたものを聞いて合わせてもらいました。 メトロノームは十六分音符も鳴らす事も出来ますが、細かい音符を鳴らすとそこに意識が行き...

前回から始めた「十六分音符のフレーズ」の練習のおさらいからスタートしました。 前回のレッスンから少し時間が空いてしまったので、改めて練習の進め方の説明から始めていきました。 八分音符と十六分音符の往来では、八分音符を右手だけで演奏します。この右手での八分音符と、リズムキープで入れる右足...

今回は以前お渡しした「三連符のプリント」を用いて、三連の中抜きの刻みを練習しました。 右手の刻みを三連符の二発目の音を抜いて演奏していきます。右手の動きは拍アタマにアクセント(ダウン・ストローク)がくるようにしましょう。そのままスティックをハイハットの打面近くで止めて、次のアップ・ストロ...

今回も、レッスンのはじめに三連符のプリントの練習を行いました。 今回は右手の刻みを「全刻み(12/8拍子のように)」で演奏してもらいました。右手の刻みは、この「全刻み」が三連符の音の位置をイメージしやすいので、三連符の練習のスタートとしては打ってつけです。「全刻み」に慣れてきたら、定番の...

今回から「十六分音符」のフレーズの練習を進めていきます。 これまでに沢山の楽曲の練習をしてきましたが、それらの中に出てきたフレーズの基本的な部分を改めてピックアップして練習していきます。 今回は、音符の長さの説明と八分音符と十六分音符の叩き分けをしていきました。 右手だけで八分音符を...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta