サイタ音楽教室ドラム教室 東京 FREEDOMドラムスクール レッスンノート 十六分音符のフレーズの練習

十六分音符のフレーズの練習

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回から「十六分音符」のフレーズの練習を進めていきます。

これまでに沢山の楽曲の練習をしてきましたが、それらの中に出てきたフレーズの基本的な部分を改めてピックアップして練習していきます。
今回は、音符の長さの説明と八分音符と十六分音符の叩き分けをしていきました。
右手だけで八分音符を叩き、その音符の間に左手を埋めていくと十六分音符の連打となります。
この時に気を付けたいのは「右手と左手の振り方、振り幅、振るスピードを出来るだけ揃える」という事です。右利きの方は、初めは左手が上手く振れなかったりしますので、鏡などを練習に利用して左右のバランスを整えるところから始めていくと良いでしょう。
十六分音符ともなると音符が細かくなってくるので、片方のスティックが打面に当たった時には、もう片方のスティックを振り上げておいて「叩く準備」をしておかないと間に合わない場合があります。
この動きの連動を鏡の前で行うと、どちらの手が大きく動いている・左右の振りのスピードや角度の違いなどに気が付けるはずです。
音は出さなくても良いので、左右の腕の上げ下げが綺麗に連動するように鏡を見ながら練習してみる事をお勧めします。

実際にドラムセットで練習する時間がある場合は、楽器の移動を多く行いましょう。
スネアからはじまり、ハイタム・ミッドタムを経てフロアタムまでを八分音符と十六分音符で叩いていきます。更に移動のバリエーションとして、スネアからハイタム、またスネアに戻ってフロアタム・・という移動も練習しました。
音符を奏でるのは手首で、楽器の移動は腕が行うというように、役割をきちんと分担させていきましょう。
肘が伸びきってしまうとスティックを振りづらいので、肘の角度はあまり広くならないようにしましょう。楽器が遠いと感じる場合は、少し前傾姿勢をとると良いです。

タム・フロアタムをしっかり鳴らすためには、スティックをシャープに振っていく必要があります。
また、スティックを打面にめがけて投げつけてしまうような感じで手首を振れると良いです。この時は、手首をグニャグニャに柔らかくしてスティックの重さも使いながら振るようにします。
演奏中、手首がずっとグニャグニャでは均等な刻みなどを演奏しづらくなるので、手首を固める時と柔らかくする時とを上手くコントロール出来ると良いですね。

それが出来るようになってきたら、ドラムセット全体の音量バランスを考えながら練習していきましょう。
スネアは大きく叩きすぎるとうるさくなってしまうので、ある程度手首を固めて音量を抑えめで演奏し、タムからフロアタムに行くにつれてスティックをシャープに振って音量を出すようにします。
フロアタムが、どちらの手でもしっかりと鳴らせるようになるまで、慌てずにじっくりと練習して下さい。
決して、力で大きな音を出そうとしないように注意しましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

受講者の喜びの声多数!日本唯一の打楽器教育機関で指導を学んだベテラン

新着レッスンノート

今回から「十六分音符」のフレーズの練習を進めていきます。 これまでに沢山の楽曲の練習をしてきましたが、それらの中に出てきたフレーズの基本的な部分を改めてピックアップして練習していきます。 今回は、音符の長さの説明と八分音符と十六分音符の叩き分けをしていきました。 右手だけで八分音符を...

練習してきた楽曲の仕上げを行ないました。 これまで練習してきて、苦手にされている箇所は絞られていました。僕が気になっていたのは、要所に出てくる「一小節フレーズ」とサビの後半のシンコペーションするリズムパターンでした。 要所に出てくる「一小節フレーズ」は数種類ありましたが、これらは一...

三連符のリズムパターンの練習を進めていきました。 右手の刻みを一定にして(四分音符・三連中抜き)、右足を全ての箇所に移動させていきました。 普段、踏み慣れていない「三連の二つ目」などは演奏しづらいかと思いますが、これを機に自信を持って踏めるようにしてしまいましょう。 三連符は「一拍を...

課題曲の練習を進めていきました。 今回の練習で、ゴールがかなり近づきましたね。かなり安定した演奏が出来るようになっていました。 ここまで頑張って練習されてきたので、ご自分がどこの箇所を苦手にしているのか・・は、もう把握出来ていると思います。 パターンやフレーズが上手くいかない場合は、...

リズムパターンの練習を進めていきました。 前回よりもミスすることが大分減りましたね。かなり安定してきました。 このリズムパターンに「クラッシュ・シンバル」を追加していきます。ここに時間を割きました。 右手の刻みに対して番号をふりましたが、その1番はじめにクラッシュ・シンバルを叩き...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta