サイタ音楽教室ドラム教室 東京 YOU先生のドラムレッスン レッスンノート 8ビートのパターン練習、ハイハットの強弱

8ビートのパターン練習、ハイハットの強弱

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

4/6
・8ビートのパターン練習(ハイハットのオープン、フィルインあり)
ドンパンドドパン
ドンドンドンドン
どちらも良く叩けていました。
リズムも安定していましたね。

今回はさらにリズムを実践的なレベルに高めるために以下のレクチャーをしました。

アタマにカウントを付ける練習。
4小節を1セットとして捉える練習。
4小節を4セットで完結する練習。
後半2小節だけライドシンバルを叩く練習。
※最後には長いフィルインを付ける

一気にチェック項目が増えたので大変だと思いますが、アタマの中で数えるクセをつけておくと、今後とても役に立つので今のうちに小節感覚を身に着けておきましょう。

・ハイハットの強弱
「ハイハットの強弱」についてレクチャーしました。
最終的にはアップダウン奏法につなげていきますが、まずは初期段階として物理的にスティックの高さを変えて強弱を付ける練習をしました。
 
一つ一つの動作(特にスティックの高さのチェック)をしっかりと意識して練習してください。
 
1打目は腕で一発。
低い位置で止めて
2打目は手首だけで一発。
打ち終わりは高い位置にスティックを戻す。
 
これを1セットとしてまずはしっかりと体に動きを覚えこませます。

いきなり連続してやると動作が不正確になったりするので、とにかく「強→弱」を1セットだけ練習するようにしてください。
 
確実に1セットができるようになったら連続して叩いていきます。
そして確実に打てるようになったら、左手を加えていきます。
左手と右手が高さのずれたVの字になるように意識して。

両手が完全に安定したら、足を加えていきます。
このレッスンノートを書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

新着レッスンノート

5/24 ・基礎ストローク シングルストロークのチェンジアップ 以前よりグリップの力みが取れて、音が柔らかくなりました。 スティックを振り下ろす動作だけでなく、打ったらすぐに元の位置に戻す意識を今よりもより強く持って連打をしてみてください。 ・8ビート 前回最後に宿題として出し...

4/21 ■基礎ストローク ・シングルストロークのチェンジアップ 随分スムーズさが増しましたね。 左手スタートも頑張ってください。 下半身を付けるバージョンは大変だと思いますが、こちらもしっかりと復習しておいてください。 常に4分音符の感覚を感じながら、フレーズを叩けるようになると...

4/6 ・8ビートのパターン練習(ハイハットのオープン、フィルインあり) ドンパンドドパン ドンドンドンドン どちらも良く叩けていました。 リズムも安定していましたね。 今回はさらにリズムを実践的なレベルに高めるために以下のレクチャーをしました。 アタマにカウントを付ける...

4/6 ・ハイハットの強弱 今回は基礎連を割愛して「ハイハットの強弱」をレクチャーしました。 リズムのノリを良くするため テンポアップを容易にするため などハイハットに強弱を付けて叩けるようになることには様々な利点があります。   一つ一つの動作(特にスティックの高さのチェック)...

4/5 ・8ビートのパターンのおさらい まずは手のパターンのみ ドンパンドンパン(バスドラム1発パターン) ドンパンドドパン(バスドラムが1発、2発パターン) 単体で叩く 曲に合わせて叩く 前回よりも格段に進歩を感じられる演奏でした。 ・8ビートの新パターン ドドパンドド...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta