サイタ音楽教室ドラム教室 東京 YOU先生のドラムレッスン レッスンノート 基礎ストローク、フットワーク、8ビート

基礎ストローク、フットワーク、8ビート

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

セッティングから始まり、基礎的なストローク、フットワーク、シンプルな8ビートまで一通りチャレンジしました。
 
言われたことを忠実に守って実践できるのはとても素晴らしい点だと思います。
 
丁寧に取り組んでいけばまちがいなく上手くなると思います。
 
次回以降は一つ一つのトピックに時間をかけてカリキュラムを進めていきます。
このレッスンノートを書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

新着レッスンノート

4/6 ・8ビートのパターン練習(ハイハットのオープン、フィルインあり) ドンパンドドパン ドンドンドンドン どちらも良く叩けていました。 リズムも安定していましたね。 今回はさらにリズムを実践的なレベルに高めるために以下のレクチャーをしました。 アタマにカウントを付ける...

4/6 ・ハイハットの強弱 今回は基礎連を割愛して「ハイハットの強弱」をレクチャーしました。 リズムのノリを良くするため テンポアップを容易にするため などハイハットに強弱を付けて叩けるようになることには様々な利点があります。   一つ一つの動作(特にスティックの高さのチェック)...

4/5 ・8ビートのパターンのおさらい まずは手のパターンのみ ドンパンドンパン(バスドラム1発パターン) ドンパンドドパン(バスドラムが1発、2発パターン) 単体で叩く 曲に合わせて叩く 前回よりも格段に進歩を感じられる演奏でした。 ・8ビートの新パターン ドドパンドド...

3/26 ・セッティング 注意すべきポイントをしっかりと押さえて非常にきれいにセットできていました。 ・基礎ストローク チェンジアップ まずまず良くできています。 もう少しリバウンドを活用したいのと、腕で叩いてしまっているので手首で叩くコンパクトなフォームにしていきたいです。 ...

3/24 ・基礎ストローク R/RLパターンを下半身でリズムキープをしながら叩く。 上半身だけだと簡単にできるパターンも四肢をすべてコントロールしながらだと難しいですよね。 ゆっくりていねいに取り組んでください。 8分と16分のチェンジアップ(下半身付き) 片手で打っているとき...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta