サイタ音楽教室ドラム教室 東京 感性を磨くドラムスクール レッスンノート 前回の曲を進める、わからないところを重点的に

前回の曲を進める、わからないところを重点的に

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

前回の曲で行き詰まってる部分をやりたいとのことだったので、進めていきました。

資料はいろいろあったので(音源、スコア、動画)、どうやって使っていったらいいか、どこに注目したらいいかなどを、ご自身で進めていけるようにヒントを出していく形で、やっていきました。


・定番パターンが課題曲に3つ入ってたので、知識としてまずお伝え

・よくわからないor再現が難しいパターンは、見本を遅く再生して細かいところを把握したり、片手だけ→両手だけ→足を入れるというように、くだいて覚えていく

・あやふやなところは、繰り返してやり直す
繰り返すたびに、できることが少しずつ増えるように

・いきなりパーフェクトはハードルが高いので、「できてる風に聴こえる」最低限のところから達成していき(キモになるリズムは外さないとか、途中止まらないとか)、徐々におかず要素を足していく
大きいシンバル、フレーズ変わり目のタムなど

・これから、なかなか覚えられない進まないというようなこともあるかと思うけど、音楽を嫌いにならないよう、程々の距離感を取ったり、適度に休憩したり、違うところにトライして気分転換したり、工夫して進みましょう

・バンドやってる人やドラムやってる人、そういう人と繋げてくれる人や場、があるといい


こういったことをお話しました。
このレッスンノートを書いたコーチ

基礎や専門用語よりも、実践を重視!楽しみながら身体で覚えるドラム教室

新着レッスンノート

前回の曲で行き詰まってる部分をやりたいとのことだったので、進めていきました。 資料はいろいろあったので(音源、スコア、動画)、どうやって使っていったらいいか、どこに注目したらいいかなどを、ご自身で進めていけるようにヒントを出していく形で、やっていきました。 ・定番パターンが課題...

4カ月ほど空いてしまったので、個人練の進み具合をヒアリングし、前回やった中の1曲を進めました。 色々な好きな曲に合わせてできるパターンで叩く、というのをやって頂いていたみたいなので、そこからもう一歩先のご自分で進められるやり方などを、お伝えしていきました。 ・曲のテンポを自分の...

ご興味がある曲を挙げていただいた中で、ベーシックな8ビートのパターンでできるものがあったので、そのパターンをしばらく叩いていただきました。 曲がとても速いものだったので、まずは遅いバージョンで確実に叩けるようなアドバイスをしながら、BPMを変えても同じように叩けるかをやっていただきました...

前回のよりもう少しやりやすそうな曲をピックアップしていただき、それでいけそうか相談したり、進め方のアドバイスをしたりしました。 ご自身で既にスコアや耳コピで練習をされていて、そこからさらに進めていきました。 ・完成形にするのをゴールとした時に、点の部分を見すぎるのではなく、 止まらず...

ピアノを習われていて、ドラムは初めて。リズム感を鍛えたいとのことでした。 セッティングの仕方・叩き方・力の加減などのコツをざっとさらって、その後8ビートの一番標準的なリズムを叩いていただきました。 BPM160で慣れていただき、130の少し遅いもの、次はお好きなアニメ曲を何曲か選んで、...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta