サイタ音楽教室ドラム教室 京都 大橋のドラム教室 レッスンノート 体験レッスン!

体験レッスン!

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回のレッスンでは、スティックの持ち方の確認と叩き方の確認を主に行いました。

【スティックの持ち方】
ドラムをやる上で大事なのは「脱力」というワードです。
リラックスして演奏できるよう、余分な力が入らないようフォームを作っていきましょう。


①スティックを持つ形を確かめる
リラックスしてから前腕部を地面に平行に持ってきます。(手首下がっている状態)
そこから手首を前腕部と真っ直ぐになるように軽く力を入れましょう。

手首が下がっている状態だと指が伸びていたと思いますが、手首を上げると指が曲がってスティックを持てそうな形になると思います。


②スティックの持つ位置を確かめる
大体スティックを3等分した時の後ろ側の位置が叩きやすい位置になります。
リバウンドを活かすのが大事なので、その位置を確かめてあげましょう。


③スティックを持ってみる
①の手の時に人差指曲がっていると思いますが、人差し指の先側の関節付近に②の位置を乗せます。
その後親指のお腹でスティックを挟むと他の指はスティックに巻きつくような形になると思います。

この流れでスティックを持つとかなりリラックスして持つことが出来るのでおススメです。
親指を押し付けたりして余分な力が入ってないかチェックしましょう!


【スティックの構え方】
3パターンの持ち方を出来るようにしておきましょう。

①親指が横を向く形(手の甲が上)
②親指が斜めを向く形
③親指が上を向く形(手の甲が横)

ドラムを叩く中でどのフォームも使うので、どの持ち方でもしっかり叩けることが大切です。
それぞれ分けて練習してみて下さい!


【8ビートを叩いてみる】
レッスンの後半では、8ビートを何種類か叩いてみました。
上半身は右手がハイハット、左手がスネアドラムで腕がクロスする「クロスハンド」という構えです。

譜面で渡しましたので、そこに書かれているものは一通り叩けるようにしておきましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

大学時代から全国で活動!貴方の興味を大切に、きめ細かい指導でサポート

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta