サイタ音楽教室ドラム教室 京都 大橋のドラム教室 レッスンノート ダブルストロークの練習

ダブルストロークの練習

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回の体験レッスンでは、ダブルストロークに関して主にレッスンを行いました。
プッシュ・プル、オープン・クローズという観点に基づいて説明を行っています。

【ダブルストロークのやり方】
①1打目で指を伸ばす(開く)という発想を持つ
スティックを持つ形から力を抜くと手首が下がりますが、その際に指が伸びます。
この動きが1打目になるので、まずはこれを出来るようにしましょう。
指をプッシュする、オープンするですね。

②2打目は指を引く(閉じる)
1打目で伸びた指を引くことで2発目が打てます。
1打目の時に指が伸びていなかったり、リバウンドの邪魔をしていると2打目が上手くいきません。


【意識すると良いポイント】
1:1打目の後にスティックは跳ね返っているか
2打目の為に1打目の後のスティックの状態を確かめましょう。
2打目が上手くいかない時はここをチェックしましょう。

2:2打目の後に腕が上がる感覚
上手く動作が行われていると2打目の後に腕が上がってきます。
上に上がることで素早く次の動作に移ることが出来るので、必ずチェックしましょう。

3:指先の動きを起こすための肩(腕)の動き
ドラムセットに活かす為には身体の根っこの方へ意識を向けることが大事です。
肩から指先までは連動するので、余裕が出てきたらそこもチェックしましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

大学時代から全国で活動!貴方の興味を大切に、きめ細かい指導でサポート

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta