サイタ音楽教室ドラム教室 東京 FREEDOMドラムスクール レッスンノート 課題曲の練習

課題曲の練習

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

課題曲の中で使われているリズムパターンの練習を進めていきました。

ハイハットを刻む右手が、二つの動きを繰り返していきます。前回のレッスンで説明させて頂いた「ダウン・ストローク」と「アップ・ストローク」です。それぞれのストロークのポイントをしっかり頭に置きながら練習を進めていく事が大事になります。
「ダウン・ストローク」は上から振り下ろし、音が鳴ったらスティックを打面近くで止める。「アップ・ストローク」は打面近くからスティックを落として小さな音を鳴らし、そのままスティックを上まで引き上げる…この二つのストロークを繰り返す事で効率的にスティックを動かしていくのです。

まずは右手が二つの動きを自然に繰り返せるようにしたいですね。腕の動きと同時に、出音のチェックも忘れないようにして下さい。「大・小」という音の並びになります。
右手が良い感じで動くようになったら、もう一つ別のパーツを動かしてみます。左手は動かしのタイミングが同じになるので練習しやすいですね。
「右手と左手」の上半身が一つの動きになったら、次は右手と右足の「右半身」を練習します。右手は「ダウン・アップ」を繰り返しながら、右足を思い通りに動かせられるようにしましょう。特に、右足の二連発の所は右手のどこに音が重なるのかを把握してから動かすようにして下さい。闇雲に動かしていては上手くいきません。
右手の動きをしっかりみながら、そこに右足を重ねていくのです。

それが出来てから、「上半身プラス右足」で練習して下さい。こうなると、身体を動かすのに必死で、練習しながらどこをチェックすれば良いのかが分からなくなりがちです。視線を広く取り、動かしているパーツ全てをチェックしながら進めていって下さい。勿論、音の重なりも同時にチェックします。
右足と左足は同じ事を繰り返しているだけですので、チェックすべきは右手が二つの動きをスムーズに繰り返せているか…です。「ダウン・ストローク」なら毎回どの辺りでスティックを止められているか、「アップ・ストローク」なら引き上げたスティックが毎回同じ高さまで引き上げられているか…それらを出来る限り揃えられるように意識して練習して下さい。それすれば、自ずとリズムは安定してきます。
ゆっくりで良いので、シンプルな右足のパターンから練習していって下さい。
このレッスンノートを書いたコーチ

受講者の喜びの声多数!日本唯一の打楽器教育機関で指導を学んだベテラン

新着レッスンノート

課題曲の練習を進めていきました。 今回の楽曲の中で一番演奏しにくい箇所のパターン・フレーズの確認をしました。 シンバルでのシンコペーションからの一小節フレーズ、その後のリズムパターンへの復帰…ここまでの流れが安定して演奏出来れば、この楽曲の練習は終了です。 まず気を付けないといけ...

十六分音符のプリントの練習を進めていきました。 今回は、これまでに練習してきた各パターンを止めずに次のパターンへと移行させていきました。 各パターンを四小節ずつ演奏し、そのまま止めずに右足の踏む音の位置を一つずつ後ろへずらしていくのです。最終的には、全ての音の位置を繰り返し演奏するよう...

練習してきた課題曲の仕上げを行いました。 しっかり練習をしてきたので、今回の楽曲も凄く良い感じで演奏出来ました。 リズムパターンとフレーズ、とても安定していました。 レッスンの中で少し説明をしましたが、フレーズを演奏した後のクラッシュ・シンバルを叩き、そのままリズムパターンに戻る...

課題曲の練習を進めていきました。 だいぶ演奏が安定してきましたね。とても良い感じになってきています。 唯一、不安定になってしまうのがサビ前の「シンコペーションからのフレーズを演奏する箇所」です。今回もここを中心に練習を進めました。 シンコペーションを連続で続けていくと、拍の感覚を...

今回は課題曲の練習の前に、右足のキックペダルの踏み方を改めて説明させて頂きました。 キックペダルの踏み方は、大きく分けて二種類あります。カカトを常に地面(フットボード)に着けたままでペダルを踏んでいく「ヒール・ダウン」と、カカトを少し浮かせた状態で膝の上げ下げで踏んでいく「ヒール・アップ...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta