サイタ音楽教室ドラム教室 東京 高橋 城司ドラムスクール レッスンノート 家でできる練習

家でできる練習

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れ様でした。
椅子のセッティング、スティックの持ち方、バスドラムの踏み方、それぞれ手短にですが理由と方法を説明しました。
理由を理解して実践すれば続けやすいと思います。
姿勢や肩の位置に気をつけつつ取り組みましょう。

体験レッスンでしたのでドラムセットにも触れていきましたが、今はリズムトレーニングを多めに練習していった方が良いでしょう。

本レッスンではその辺りも掘り下げて定着に導きますので、良かったら是非きてくださいね。
心よりお待ちしています。

本日は体験レッスンにお越し頂きありがとうございました。
新着レッスンノート

スティックも握ったことがない状態からの体験レッスン、いかがでしたか? 不安もあったかと思いますが、ドラムは叩けば音の出る楽器なのでそれ故に難しい部分はありますが、他の楽器よりもはじめやすいかもしれません。 今回は体験レッスンという事だったので、セッティング、スティックの持ち方、各部名称...

レッスンお疲れ様でした。 少し間が空きましたが課題には取り組んでいたようで、その効果が出ていました。 月例はまだまだ荒いものの、よいアイデアがありましたね。 ロールの部分はしっかりとルーディメンツを確認し、リズムに当てはめて演奏するとよいでしょう。 この調子で頑張りましょう。

少し間が空いてしまったのと、あまり練習する時間が取れなかったようなので月例を中心に進めていきました。 今回の曲に触れる事で、普段から基礎練習をしておくことの大切さもわかったと思います。 少しづつ時間を見つけて取り組みましょう。

レッスンお疲れ様でした。 今回は二時間連続のレッスンという事もあり復習しつつもしっかりと前に進めました。 そしてノートを読み返せば、自分一人でもできる練習が沢山あると思いますので、しっかりと取り組んでみてください。 そうすれば復習の時間を短くし、さらに前に進めますよ。

レッスンお疲れ様でした。 月例の曲はまだまだ良くなる部分がありました。 落ち着いたら復習してみると良いと思います。 曲、ブレイク、フィル、全てにおいて姿勢はとても大切です。 姿勢を確かめてからセッティングする事でより良い演奏が出来ます。 すぐに叩こうとせずにしっかりと確認してから...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta