サイタ音楽教室ドラム教室 大阪 PADドラムスクール レッスンノート 体験レッスンお疲れさまでした!

体験レッスンお疲れさまでした!

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

>>>>Stick Control
まずは準備体操ということで持ち方から始めてCHANGE UPという練習をしました。打楽器の基礎練習の中でも伝統的な練習方法です。
4分→8分→16分
をRLRLで進んでいきます。
できるだけ4分音符を大きく感じながら、その中に詰めていく感覚でやりましょう。
右足と左足を追加できるとより効果的です。

>>>>Ensemble Training
テイラースイフトのWe are never ever getting togetherに合わせて練習しました。
先程のチェンジアップの練習を使って演奏します。
移動がでてくるので難易度は上がりますがめっちゃいい感じでしたね!ライドにもいけたしクラッシュもいれれました!これで基本はバッチリです。
このレッスンノートを書いたコーチ

ファンクやインストも!一つの疑問も超丁寧に答えてくれるから厚い支持

新着レッスンノート

まずはドラムの仕組みとセッティングから。毎回一緒にセッティングしながらだんだん覚えていってください。いつも同じ高さと角度にできると前回できたのに今日できないーがなくて良いです。 ウォーミングアップはチェンジアップという練習方法を紹介しました。 スティックなくてもできるのでチャレンジして...

今回はリズムトレーニングを重点的にやりました! ボードに書いた図形のやり方でまずタイミングを覚えてみてください。タイミング覚えたらとにかく繰り返します。歌いながらやるのがポイントです。 右手のリズムに乗せてたくさん歌いましょう。 走らないように。ゆっくりやってください。

ダブルストロークのお話からコツをご紹介しました。3通りのやり方をやってみました。結果的にこのコントロールがドラムのスティックテクニックの大部分を締めます。 リバウンド、フィンガー、リストをテーマに意識して動かせるようにしていきましょう。 早いフレージングや1発1発叩くビートの中でもこの理論...

サビのゴーストノートのパターンを練習しました。 これで1コーラス完成です。まずはドラムのリズムを口で歌えるように繰り返しやってみてください。 右手て8分音符のリズムを取りながら練習すると良いです。

>>>>Stick Control まずは準備体操ということで持ち方から始めてCHANGE UPという練習をしました。打楽器の基礎練習の中でも伝統的な練習方法です。 4分→8分→16分 をRLRLで進んでいきます。 できるだけ4分音符を大きく感じながら、その中に詰めていく感覚でやりまし...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta