サイタ音楽教室ドラム教室 京都 大橋のドラム教室 レッスンノート 体験レッスン!

体験レッスン!

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回の体験レッスンでは、フォームの確認とフィルインの叩き方の確認を行いました。

【フォームに関して】
ドラムを叩く上で大事な「脱力」というワードの説明をしてからスティックの持ち方を見ました。
レッスンで試してもらったように手首と前腕部を真っ直ぐにするだけでスティックを持てる(個人差有)形になりますので、それを元にスティックを持つようにしましょう。

また実際に叩く時ですが、自然に働く力を意識して叩いていきましょう。
分かりやすいのは「腕を上から落とす」エネルギーで叩く動きですね。

上記のことを頭に入れてからフォームを作っていくとリラックスした、自然体のフォームになると思いますので意識して練習してみて下さい。


【フィルインに関して】
ご要望があったので、何種類かフィルインを試しました。
「間」が苦手なようだったので、そこに関してアドバイスを行っています。

ドラムで頻出の「タンタタ」と「タタタン」で行いましたが、大事なのは叩かない箇所をしっかりと認識することです。
遅めから「タ“ン”タタ」や「タタタ“ン”」といった休符又は伸ばしている音を意識することで正確な「間」が掴めるので意識していきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

大学時代から全国で活動!貴方の興味を大切に、きめ細かい指導でサポート

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta