サイタ音楽教室ドラム教室 東京 FREEDOMドラムスクール レッスンノート 課題曲の練習

課題曲の練習

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

課題曲の練習を進めていきました。

オリジナルの音源の速さで練習されていたと思いますが、演奏しながらテンポについて行けない感じがあったのではないかと感じました。
何故、そう感じたかと言いますと、少しゆっくりなテンポで演奏した時のリズムパターンの完成度がまだ100%ではないように聴こえたからです。

ゆっくり演奏して上手く出来ない事は、当然速いテンポでも演奏は出来ません。ゆっくりなテンポのまま練習して、何も考えずに手放しでも演奏出来るようにしなければなりません。
ここは慌てずに、苦手なパターンを一つずつ確認してキチンと演奏出来るようにしてしまいましょう。テンポを上げるのは最後の最後で大丈夫です。

前回練習した「右手の刻み」ですが、これがまだ身体に馴染んでいないのだと思います。この動きを習得するには、僕も時間が掛かりました。
まずは「右手が肘から動かせているか」という点や、「一打目の後にスティックの動きを止められているか」などを一つひとつ自分で確認していかないといけません。何となく動かすのではなく、一つひとつの動きの意味を把握した上で腕や手首、指、そしてスティックをコントロールしていくようにしましょう。

右手の動かしのイメージは「大きな四分音符を刻んでいる」という感じです。その大きな動きの中に、もう一発小さなショットが含まれている…という感じですので、右手の動きは肘から大きく動かしていきましょう。ゆっくり練習している時は大袈裟なくらいの動きをしてあげても良いと思います。

その右手の動きに他の手足を同調させると、各手足の音が重なりやすくなりますので、リズムが安定してきます。
右手が下がってくる時は他の手足も同調させやすいですが、右手が上がる時に右足を踏まないといけない時もあるので、そこはしっかりと練習してマスターしたいですね。

Bメロ最後の部分のリズムパターンに苦戦されていましたが、これも各手足一つひとつがどんな動きになっているのかを頭で完全に把握した上で練習に取り組んで下さい。譜面を見て、各手足の動きと完成した時の音のイメージを頭の中で鳴らしてから、身体を動かすようにして下さい。

練習中は、手足の動きを自分でチェックしないといけません。目で見ていく事で、間違いを早めに修正していくのです。間違った動きが身体に入ってしまわないように、確実に演奏出来るテンポで正解を何度も繰り返し演奏して下さい。
先程も言いましたが、テンポを上げるのは最後の最後で大丈夫です。
このレッスンノートを書いたコーチ

受講者の喜びの声多数!日本唯一の打楽器教育機関で指導を学んだベテラン

新着レッスンノート

前回練習した課題のチェックから始めていきました。 リズムパターンは、しっかりと演奏出来ていますね。課題としては、クラッシュシンバルを叩き分けるという事ですので、二枚あるクラッシュシンバルをどのような順番・手順でも叩けるようにしておいて下さい。 右手でクラッシュ・シンバルを叩く機会が圧倒...

頑張って練習してきた楽曲の仕上げを行いました。 楽曲の元々のテンポが、今まで練習してきた楽曲より少し速かったので苦戦されたと思います。 ですが、この楽曲も一般的にみればそこまでテンポが速いという訳ではありません。これくらいのテンポでも、楽に身体を動かせるようにしておく事も大事です。 ...

課題曲の練習を進めていきました。 楽曲のオリジナルのテンポにも慣れてきた感がありますね。テンポが上がってきた時に身体のどのパーツが動かなくなってくるかを、ご自身でチェックしておくと良いですね。 その確認方法としては、メトロノームを楽曲と同じテンポにセットして鳴らします。それを聞きながら...

前回練習したリズムパターンを使って、左手でクラッシュ・シンバルを叩くトレーニングをしました。 前回にも少し話しましたが、一度叩いたクラッシュ・シンバルは出来るなら続けざまに二回叩かないようにしたいのです。それは、シンバルを鳴らしたからには、ある程度音を伸ばしてあげたいですし、叩いたシンバ...

課題曲の練習を進めていきました。 楽曲の土台となるリズムパターンに関しては大丈夫そうですね。しっかりと演奏出来ていましたので、楽曲の中の細かな部分に対してアドバイスをさせて頂きました。 まずは、Aセクションの最後の小節に出てくる八分音符のフレーズですが、ここはしっかりと大きな音を出...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta