サイタ音楽教室ドラム教室 東京 ドラムを楽しく上達スクール レッスンノート レッスンのすすめ方など

レッスンのすすめ方など

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

全くの初めてということでしたので、ドラムを始めようと思った経緯とか動機など、色々と聞かせていただきました。

そしてやはり上達するためにはベーシックなテクニックを磨いていく、というのが一番の近道なので、それについて僕のレッスンのすすめ方とあわせて説明しました。
ドラムはご存じの通りフィジカルな楽器でもあるので、手足を自分が思ったとおりに動かすことができないとなかなかたのしく演奏するのはむずかしいと思うので、ベーシックなテクニックをしっかり身につけるのがとても大事ですね。

あとはせっかくスタジオにドラムセットがあるので、シンプルなロックビートを叩けるようになってもらうように、少しだけですがやってもらいました。
ほんの少しの時間やっただけですが、だいぶいい感じに叩けるようになっていたし、リズム感もいい感じだったので、レッスンに来てもらって、しっかり練習していけばすぐにもっと色々なことができるようになると思いますよ(^^)。

たのしんでドラムの練習をしていきましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

ドラム歴20年、TV出演やフェスティバルも多数経験!優しい指導で大人気

新着レッスンノート

ドラムを演奏する上でシングルストロークに次いで重要かつマストなテクニック、ダブルストロークができるようになるためのレッスンをしました。 まずシングルストロークとの違いを理解する必要があるのですが、シングルストロークと違うのはシングルストロークはスティックを振り下ろす動作一回で出す音は基本...

今練習している曲のリズムをしっかりキープできるようにするために、メトロノームに合わせて練習しました。 ポイントとしては、メトロノームの音から一瞬たりとも耳を離さないことですね。 自分のやっていることに余裕がないとどうしてもそっちに気を取られてしまい、メトロノームとズレてしまいがちですが...

手足のコントロール力、統制力を上げるためのエクササイズとして、まずボーストレーニングをやりました。 両手両足で同じ音符を同時に叩く練習ですね。 まずはアクセントはつけなくて良い、というか意図しないアクセントがつかないようにコントロールして、全てイーブンな音で鳴らし続けられるようにしまし...

毎回言っているように、良い演奏ができるようになるための柔軟なテクニックを身につけるために基礎練習は欠かせないのですが、メトロノームに合わせてやるだけだとともすれば退屈になりがちなので(まぁホントはそれでも楽しくできるのですが)、より楽しく練習できるようにするための方法として、好きな曲を聴きなが...

課題曲を一曲通して叩けるように、音源に合わせて練習しました。 曲の構成などはすでに覚えていると思うので、あとはテンポをしっかりつかむことや、セクションの変わり目でリズムが崩れたりしないように気をつけながら練習していきましょう。 完コピして叩くのももちろん良いのですが、さらに一歩進んで、...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta