サイタ音楽教室ドラム教室 東京 ハッピー・ドラム レッスンノート 8ビートとフィルインの交互練習

8ビートとフィルインの交互練習

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

基礎練習
→譜読み、大分慣れてきましたね!
小指だけスティックから離れないよう気をつけましょう。
また細かい音符になってきたら、高さを低くして叩くようにしてみてください。
あまり楽器の打面に対して、下へ下へではなく、上へ意識してみても良いと思います。

8ビート
→バスドラム(キック)の音、どんどん良くなりますね!
あとはスネアドラムの音量がもう少し出せれるとバランスが良くなると思います。

【8ビートとフィルインの交互練習】
➀8ビートを3小節
➁フィルを1小節(スネアドラム〜フロアタムまで16分音符で4打ずつ)
➂8ビートを3小節
➃フィルを1小節(フロアタム〜スネアドラムまで16分音符で4打ずつ)
➄8ビートを3小節
➅フィルを1小節(スネアドラム〜フロアタムまで16分音符で2打ずつ、フロアタム〜スネアドラムで16分音符で2打ずつ)
※フィルインが終わった後、8ビートに入る時には必ずクラッシュシンバルを入れて下さい。
このレッスンノートを書いたコーチ

パーカッション全般得意!基礎を固めたい方や吹奏楽部の学生さんにも人気

新着レッスンノート

基礎練習 →左右の高さ・叩いた後のスティックの位置を意識しましょう。 休符プリント →16分休符と3連符の休符の違いがよく出ていました! 3連符からの8分音符(奇数音符から偶数音符)への切り替えを注意しましょう。 クローズロール →上から下へ押しつけてバウンドを作るのではな...

【基礎練習】 140テンポ以上で練習してみましょう。 足でカウントを取りながら。 【休符プリント】 3連符、16分の休符が少しごっちゃになってしまうので、2つの音符の違いを確認しましょう。 3連符はしっかり言葉を当てはめ、16分はどちらかというと次の小節の頭の音に寄せるのが良いと...

基礎練習 →叩いたあとの構えの位置、良くなってきています!慣れるまでは常に意識して練習しましょう。 休符多めのプリント →休符が多いものほど、音符に言葉を当てはめる方法が良いと思います。 ついつい自分の叩きやすいリズムに変換してしまうので気を付けましょう。 クローズロール ...

アクセント →裏拍にアクセントが付いているところは、クリックがどう聞こえてくるかを確認しながら練習するのが良いです。 クリックと合わせての練習は、表拍・裏拍と聞こえ方が違いますので、なんとなく聞くのではなく、意識して&クリックとアンサンブルする気持ちで出来ると良いと思います!(意識し過ぎて...

装飾音符(フラ打ち) →主音(楽譜上の大きい音)にしたい方の手を高い位置から、装飾音(楽譜上の小さい音)を低い位置からスタートし、左右同時に叩きます。左手は低い位置からスタートしているので打面へ先に着き、高い位置から叩いている右手はその後に鳴ります。 ダダッ!と左右重い音ではなく、トゥルッ...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta