サイタ音楽教室ドラム教室 東京 drumstarts レッスンノート 基本のエイトビートを叩いてみましょう!

基本のエイトビートを叩いてみましょう!

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンお疲れさまでした!初めてのドラムは楽しんで頂けましたでしょうか。
今回のレッスンではスティックの持ち方などの軽いご説明ののち、バスドラムとスネアドラムの基本パターンを手拍子足踏みから始めドラムセットに乗せるまでを取り組みました。
以下、本日のレッスンのおさらいです。教材も合わせてご覧ください。

・ドラムのセッティングについて
椅子の高さは膝下に座面が当たる程度とし、スネアドラムが体の中心線と揃い、左右ペダル(バスドラムとハイハットシンバルのペダル)が対称になるようにセッティングします。詳細は本日お渡しした教材も合わせてご覧ください。

・ドラムのパターンについて
本日取り組んだパターンはいずれもポップスやロックの楽曲でよく使われるものです。両手と右足のコンビネーションがうまくいかないと感じた場合は「右手と右足」「左手と右足」「手のみ」で叩き、どのように連動しているか確認しましょう。スネアドラムとバスドラムの連携を手拍子と足踏みで確認するのもお勧めです。

・バスドラムの踏み方について
つま先を動かす踏み方は長く踏み続けると足が痛くなりがちです。かかとを上げ、つま先がペダルの一番広くなっている位置に乗った状態で太ももの付け根から落とすように弾ませると足も疲れにくく、足の重さをペダルにかけやすくなるため音も楽に大きく出すことができます。

・スティックについて
スティックの太さは大体13mmから15mm程度までありますが、女性や子供の方であれば13mm程度が使用しやすい太さです。本日使用されたpearlのスティックは13mmでオーク製です。購入の際は楽器店のスタッフの方にスティックの太さをお伝え頂きご相談ください。

他の楽器になじみがあるとのことで、あっという間に叩けるようになりましたね!
本日お渡しした教材のパターンについて、ゆっくりのテンポで譜面と見合わせながら復習してみてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

グルーヴこそドラムの命!初心者でも大歓迎、手作り教材で全力サポート

新着レッスンノート

金曜日のレッスン、お疲れさまでした! レッスンノートお待たせして申し訳ありません。 今回のレッスンでは最初に腕慣らしとして基礎練習に取り組んだのち、過去の課題曲の中から「What a fool believes」に取り組みました。 ・基礎練習について 踏みながら叩くのが大変そう...

昨日はレッスンお疲れさまでした! レッスンノートたいへんお待たせいたしました。 今回のレッスンでは基礎練習について改めて取り上げました。左右の音量バランスやアクセント、足をつける時のポイントなどおさらいしながら日々の練習に取り入れてみてください! ・基礎練習について 4分〜16...

本日はレッスンお疲れさまでした! 今回のレッスンでは課題曲の中のフィルインやフレーズを取り上げて集中的に取り組みました。またレッスンの最後の方で左手について少しお話をしました。 ・楽曲内のフィルイン、フレーズについて 右手と足、左手と足、両手の3パターンの組み合わせで後から残りの手や...

本日はレッスンお疲れさまでした! 今回のレッスンでは「Sugar」「Alright」の2曲について確認しながら取り組みました。 バスドラムの位置やハイハットの間隔、クラッシュからハイハットに戻るタイミングなど細かな指摘が多くなりましたが、色々意識しながら取り組んでいることが影響しているよう...

レッスンお疲れさまでした、レッスンノートお待たせいたしました。 今回のレッスンではアップダウン奏法についてお話しし、楽曲内で実際に使ってみる練習をしました。 「腕が上下するだけで二回とも打っている」状態からリバウンドや腕のコントロールで「一回打つだけで二回打てる」の状態に近づけたかと思いま...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta