サイタ音楽教室ドラム教室 東京 もっくん ドラムの学校 レッスンノート 体験レッスン

体験レッスン

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れさまでした!

ヴァイオリンをやられてた事、ドラムを叩く上でも絶対アドバンテージになります! 簡単な8ビートでしたが、きちんとビートになってました。まるっきり初めての方は、叩けても『ビート』にならない方が多いです。やはり楽器をやられてた方独特の勘が鋭いのだと思います。自覚は無いかもしれませんが。
これから続けていけば必ず上達できると思います。一緒に頑張っていきましょう!

☆練習法
エレドラで自宅練習できるのが一番よいのですが、性能のよいものを手に入れようと思うと結構な金額になります。もしエレドラが必要でしたら、ご予算教えて頂ければこちらで探すことも可能です。ご検討ください。エレドラが無い場合は、ゴムパッドを使った練習+スタジオに入ってセットを使った個人練習をして頂くことになります。今調べてみたら、駅近くに
http://yy-music-studio.jp/ 

http://www.soundcrew.mu/

いくつかありますね。このような音楽スタジオを使って練習する事がドラムの練習には必要不可欠になります。他の楽器と違い練習するのが難しい楽器なので、まずはスタジオに入る前に自宅でスティックのコントロールの練習から初めていきましょう!

☆音楽仲間を見つける
ドラムは一人での練習から始まりますが、一緒に音を出せる仲間と一緒に練習することが、楽しみのひとつであり、上達の近道です。ギター少し弾けるので仲間が見つかるまでは僕と一緒に合奏の練習も後々やって行きましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

あの、くるりのオリジナルメンバー!フリーのドラマーとして精力的に活躍中

新着レッスンノート

今回はテキストに沿って、各楽器のセッティングについてレッスンしていきました。かなり僕の主観が入っているので、参考にしつつ自分なりのセッティング模索してみてください。僕もいまだに色々変わってますw  イスの座り方と高さ オシリの中心が椅子の真ん中にくるように。前過ぎると前傾姿勢で不安定に...

 体験レッスンお疲れさまでした!! 早速のご入会ありがとうございます!トランペットやられてただけあって、すんなりと8ビートが叩けましたね。まずは基礎の練習から始めて、僕の候補曲、最終的にはご希望の曲の練習と順を追ってレッスンしていきましょう。 まずは、ドラムレッスンに必要なものを揃えまし...

 入会ありがとうございます! 最初はまず教則本に沿って、音楽の変遷に伴うドラムセットの違い 各楽器の役割、スティックの種類の違いなど、ドラムを触る前の基礎知識勉強しました。 こちらのサイトにドラムの歴史くわしく解説してるので、お暇なときにでも! https://www.mizon...

体験レッスンお疲れさまでした!! 目指せチャドスミス! ということで、改めて彼のドラムを振り返ると、 ダイナミクス リズムのキレ(スピード感) つねに16分のスゥイング(三連)で跳ねている(証拠にオカズ三連が多い) バックビートの重み などなど 本人は頭では考えてないだろうけど(笑...

 今回はテキストに沿って、スティックの握り方、イスの高さと座り方、グリップについてのレッスンでした。詳しくはテキストを参考にしてみてください。 今回やったことは、要するに脱力した状態で、体に無理の無い叩き方をする為の準備です。特に一番重要なダウンストロークをスムーズにできるためには、脱力...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta