サイタ音楽教室ドラム教室 京都 大橋のドラム教室 レッスンノート ご自宅での練習方法について

ご自宅での練習方法について

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回のレッスンでは、ご自宅で行って頂く練習メニューの確認を行いました。


①チェンジアップ
4分音符→8分音符→3連符→16分音符と徐々に細かい音符にしていく練習です。
最初は基本的な4種類の音符で行い、他に練習が必要な音符が出てきたらここに追加していきましょう。

フォームの確認+リズムの練習になる効率的な練習ですので、スティックを持つ時にはメトロノームを使いながら取り組んでみて下さい。

②チェンジダウン
チェンジアップの逆で、徐々に遅い音符にしていく練習です。
チェンジアップと共にセットで行い、リズムの切り替えに強くなるよう練習しましょう。

③クローズドロール
軽く抓むような形になっている親指と人差し指の力の加減で押し付けるように長い音を出す奏法です。
「最初は丁度良い力を入れ、その後に力を抜いていく」のが上手く音を出すコツです。

④8分音符+16分音符の形
良く出てくる音符の形を練習するメニューです。
手順も意識しながら練習してみましょう。
1つ目は「R○RL」、2つ目は「「RL○L」、3つ目は「RLR○」、4つ目は「○LRL」です。
このレッスンノートを書いたコーチ

大学時代から全国で活動!貴方の興味を大切に、きめ細かい指導でサポート

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta