サイタ音楽教室ドラム教室 京都 大橋のドラム教室 レッスンノート スネアのチューニングに関して

スネアのチューニングに関して

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回のレッスンでは、スネアのチューニングに関して主に行いました。
チューニングは色々なやり方がありますので、自分に合っていると思う方法を見つけて取り組んでみて下さい。

①シェル・ヘッド・フープの円の兼ね合いを取る
最初の段階で3つの円の中心が揃うようにしっかりとセットします。
物によってはピッタリと嵌まるので良いのですが、今回のように手で触ってヘッドが動いたりする場合は注意しましょう。

②ボルトを締めていく
適当には締めずに、それぞれのボルトの締め具合が大きく離れないように均等に締めていきましょう。
狙った張り具合になったタイミングで止めて次の作業に入ります。

③ピッチを揃えていく
チューニングの難しいポイントですが、ボルト付近の音を聴いてピッチを揃えていきます。
わかり難い場合は、隣のボルトまで叩きながら移動するとどう変化しているのかが解りやすいです。

④音を調整していく
前の③で大まかに音が揃ったら後は自分好みの音に近づけていきましょう。
上下の張り具合の兼ね合いや、どの箇所のボルトを締めるか等で音の印象は変わってきます。
色々と試して、自分好みの音に近づくよう頑張ってチューニングしてみて下さい。
このレッスンノートを書いたコーチ

大学時代から全国で活動!貴方の興味を大切に、きめ細かい指導でサポート

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta