サイタ音楽教室ドラム教室 東京 タカジャンドラムスクール レッスンノート 2018 4/19 体験レッスン

2018 4/19 体験レッスン

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。

・耳コピの方法について
聴こえやすい楽器の音(ハイハットやライドシンバル、スネア、バスドラムなど)を聴き取ること。
Fill Inなどはそれぞれの楽器の音程感を気にしながら、出来れば覚えられるくらいまで聴き込む。(セッティングによっては再現できない場合があるので、臨機応変に)

・セッティングの方法について
あまり詳しく実践しませんでしたが、自分が普段やっているやり方を書きます。
イスの高さを調整(ひざの上あたりが目安)→バスドラムペダルが踏みやすい位置にイスを置く→ハイハットスタンドの位置をバスドラムペダルと等間隔になるように置いて高さ&開き具合の調整→スネアの高さをへその少し下くらいに調整して、自分の方に少し傾ける

・「You Are The Universe」Bメロのフレーズ
最後に参考に実演してみましたが、2拍4拍のスネアを叩きながらメロディーラインの動きに合わせるようにクラッシュシンバルとバスドラムでアクセントを入れるようにするとアンサンブルしやすいでしょう。
これは一つ理由があって、もともとの音源ではあまり派手なアクセントは入れてないのですが、バンドアンサンブルでは合わせずらいのであえて大きく叩いておくと良いと思います。まあ場合によりけりですけどねw
録画した参考の演奏をみて練習してみてください。

長くなりましたが以上です!
このレッスンノートを書いたコーチ

鎌倉でカフェライブも!サポートでも活躍中の親身なレッスン

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした。 今回は 「愛を込めて花束を」のAメロフレーズ、Bメロフレーズをそれぞれ練習しました。 Aメロでは8ビートを基本に2、4拍のバックビートの後に16分音符でスネアを叩いて16分のフィールを入れると原曲に近くなります。 Bメロ前半の4小節はバスドラムを4分、ハイ...

レッスンお疲れ様でした。 今回は 1)Change Up 4分音符(1音)→8分音符(2音)→16分音符(4音) 2)「Day Tripper」Bメロパターンとギターソロの最後のFill In 3)「ダイヤモンド」基本パターン をやりました。 1)音数が増えてくるとともにスティ...

レッスンお疲れ様でした。 今回は ・6連符の練習 を中心にやりました。 手順を体で覚えるために 右左右左右左の交互のストロークをゆっくり叩いて練習しましょう。慣れてきたら少しずつテンポアップ。さらに、初めの右手(拍アタマ、メトロノームのタイミング)を少し強く叩くと”6つの音の塊”...

レッスンお疲れ様でした。 今回は 1)Change Up & Down 2)「デイトリッパー」introのFill In をやりました。 1)通常のChange Up & Downに1拍ごとに楽器を移動することで、基礎の練習で楽器のコントロールを覚えましょう。今回は1拍に1つ(4...

レッスンお疲れ様でした。 今回は 「SUN」のイントロのリズムパターン をやりました。 俗に「ディスコビート(ダンスビート)」というフレーズです。 手足のコンビネーションは比較的シンプルなのですが、8ビートなどでは普段あまり使わない組み合わせなのでゆっくり身につけてい...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta