サイタ音楽教室ドラム教室 京都 大橋のドラム教室 レッスンノート 体験レッスン:アドバイスを何点か

体験レッスン:アドバイスを何点か

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回のレッスンではやっている曲やそこで使う技術について何点か質問をしてもらい、それに答えるという形でレッスンを行いました。

①ロールのやり方
・スネアの真ん中から外して行う
・音の間隔を細かくする
・長く続ける

片腕ずつ上の3点を注意しながら出来るようにし、後は左右の腕で音が重なるようにするとロールになります。
1発目のリバウンドを上手く吸収して1→2打目間の間隔を短くし、その後は指を緩めると長く続けることが出来ます。

②8分音符+6連符後半3発
左利きなので、「L RLR」で叩くのがリズム取り易いかと思います。
バスドラムを叩きながら上半身でこのリズムを叩くことになりますので、早めに叩きなれるよう練習しましょう。

③譜面の作成
打楽器パートの譜面がないとのことで相談を受けました。
次回レッスン時に作成して持ってきますので、それで取り組んでみましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

大学時代から全国で活動!貴方の興味を大切に、きめ細かい指導でサポート

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta