サイタ音楽教室ドラム教室 神奈川 ケン・ドラムスクール レッスンノート カウントと音の長さを感じよう

カウントと音の長さを感じよう

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。
カルテ送信いたしますので、ご確認ください。

■ドラムセットについて
ヤマハYD9000Aというモデルです。
70年代後半に製造された初期型で、後にレコーディングカスタムと
呼ばれるようになるヤマハを代表する名器です。
国産のバーチを使用しており、ダークで太く
柔らかい低音が特徴の材です。
初期型はエッジが丸みを帯びており、
バーチが持つサウンドをさらに特徴づける仕様となっております。

■曲演奏について
全体を通して演奏するという感覚が強く出ており
非常に良い演奏です。
これまで練習したものを引き続き育てていきましょう。

■カウントと音の長さ
曲を始める際、曲を演奏している際に、カウントを取る練習をしました。
数を数えると思っていただければ問題ありません。
そして、カウントを取ることにより、音に長さがあることを
感じていただけると思います。
音は点ではなく連続する線です。
楽器を叩いた次の拍まで音が続いていることをご理解いただきました。
四分音符で1拍目発音、2拍目が始まるまで音が伸びているとイメージします。

■ベースとの練習
曲がかからないことにより、ご自身が責任を持って演奏する必要が
あります。
大きな負荷となりますが、現状、レベルアップを見越しても良い状況ですので、
可能な限り挑戦しましょう。

■パターンの課題
タッタカタッタカが持続できないので、
曲中のパターン、まずこちらをきれいにできるようにしましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

難しく考えず“あなたの"理想の音を。ロックから吹奏楽バンドまで

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした。 カルテ送信いたしますので、ご確認ください。 ■エイトビート復習 小節数のカウント、アップダウンの整理、メトロノームの使い方 こちらを目標にレッスンいたしました。 ■カウント 課題曲から極端に外れたテンポはカウントしにくいと思いますが、 ゆっくり練...

レッスンお疲れ様でした。 カルテ送信いたしますので、ご確認ください。 ■復習 パラディドルを思い出しました。 スローなエイトビートとカウントを使い 練習しました。 遅いテンポはやりにくさがありますが 良い練習になります。 ■スムースなパラディドル アクセントを意識し、...

レッスンお疲れ様でした。 カルテ送信いたしますので、ご確認ください。 ■自由にエイトビート 体を動かしました。 準備運動として実施しました。 ■カウントをしながらエイトビート 4小節を強く感じ演奏しました。 前項に比べてフィルインや、 何小節目、何拍目にいるのかを 正...

レッスンお疲れ様でした。 カルテ送信いたしますので、ご確認ください。 ■パラディドル復習 ひたすらにパラディドルを繰り返しました。 手順に惑わされビート感が失われがちです。 四分音符の流れが失われないようにしましょう。 ■ストロークの確認 ダウンストローク後にスティックが...

レッスンお疲れ様でした。 カルテ送信いたしますので、ご確認ください。 ■長時間の集中 今回は長めに時間を取り、練習の回数を増やしました。 前回までと大きく異なりました。 よくついてこれております。 話題に幅をもたせたり、うまく休憩を入れて 長時間のレッスンができるよう進めてい...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta