サイタ音楽教室ドラム教室 兵庫 カツ.jp ドラムスクール レッスンノート 8ビートリズムパターンと高速フィルイン練習。

8ビートリズムパターンと高速フィルイン練習。

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

8ビートのリズムパターンは焦る気持ちをぐっとこらえて、何も考えなくても叩けるまでゆっくりなテンポで練習しましょう。
カウントを数えながら完璧に叩けるようになると、気持ちにも余裕が出来ますので、カウントにもアクセントをつけて言いながら練習しましょう。
4小節を常に意識すると、曲の途中で止まっても続きから入ることができますので、4小節を常に意識しましょう。

高速フィルは勢いを大切にしましょう。
まずは口で「タカラドン」など、イメージを音に出して言ってみてから叩くようにしましょう。
そして勢いです!
見た目は派手なフィルですが、実はそんなに難しくないので楽しみながら練習しましょう!

お疲れ様でした!
このレッスンノートを書いたコーチ

全国ツアーなど精力的に活躍。熱さピカイチの先生がゼロからサポート

新着レッスンノート

今日は、 ・4Way independence ・ハイハットのアップダウン ・ツインペダルの練習 を行いました。 4Way independenceはとにかく落ち着いて練習しましょう。 縦、横、斜めの回路を作る作業なので、どこの回路が苦手なのかを突き止めて、そこを重点的に練習し...

今日は「pellucid 」の続きを行いました。 基本パターンはだいぶん慣れて来ましたので、次のレベルに進みました。 サビの前にブレイクが入りますので、2回目のAメロの四小節目の頭でシンバルをのばして、フィルインでサビに入りましょう。 サビに入ったら右手をライドシンバルに変え、6小節...

今日は ・4Way independence ・ハイハットのアップダウン奏法 ・ツインペダルのパターン練習 を行いました。 4Way independenceはキックが一つ目に入る分は問題なかったので、二つ目に入る分を練習していきましょう。 次は⑥から始めますね。 ハイハ...

今日は8ビートから万能フィルインのタカドンへ繋ぐ練習を行いました。 まずは1のシンバル、リズムを叩いて、4と2と3とタカドンへ繋げましょう。 小節数を数えながら他のことも考えないといけないので脳がいっぱいになりますが、バンドで合わせるとドラムは周りを見渡して色んなことをいっぺんに考えなくて...

昨日は米津玄師「ピースサイン」のイントロ練習を行いました。 イントロのフロアタムとスネアとキックで構成するリズムパターンは普段とは一味違い、左手とキックが重なるようになっています。 右手に釣られないように練習しましょう。 ゆっくりなテンポでよいので縦のラインを強く意識しましょう。 ...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta