サイタ音楽教室ドラム教室 兵庫 カツ.jp ドラムスクール レッスンノート 8ビートリズムパターンと高速フィルイン練習。

8ビートリズムパターンと高速フィルイン練習。

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

8ビートのリズムパターンは焦る気持ちをぐっとこらえて、何も考えなくても叩けるまでゆっくりなテンポで練習しましょう。
カウントを数えながら完璧に叩けるようになると、気持ちにも余裕が出来ますので、カウントにもアクセントをつけて言いながら練習しましょう。
4小節を常に意識すると、曲の途中で止まっても続きから入ることができますので、4小節を常に意識しましょう。

高速フィルは勢いを大切にしましょう。
まずは口で「タカラドン」など、イメージを音に出して言ってみてから叩くようにしましょう。
そして勢いです!
見た目は派手なフィルですが、実はそんなに難しくないので楽しみながら練習しましょう!

お疲れ様でした!
このレッスンノートを書いたコーチ

全国ツアーなど精力的に活躍。熱さピカイチの先生がゼロからサポート

新着レッスンノート

今日は三連符をトマトとレタスに当てはめた練習をいたしました。 トマトの「ト」だけを叩いて「マ」を叩かないリズムをシャッフルと言います。 世の中にリズムは二つしか存在していなくて、一つは跳ねていないリズム(イーブン)で、もう一つは跳ねているリズム(シャッフル)です。 シャッフルのフィルイン...

昨日は曲をやる時に必要なパーツのお話をいたしました。 曲は ① 始まりのシンバル ② リズムパターン ③ フィルイン (④ 締め) で構成されています。 この三つがこなせればセッションにも参加できます。 この三つをこなせるように練習しましょう。 ケセラセラ「最後の恋」の始...

今日は受けられたセミナーの復習を行いました。 テンポが速い曲なので、敵はやはりスピードですね。 Aメロはダブルを踏まなければついていけるスピードなので、ツインペダルを強化していきましょう。 今日やったフィルインは一拍半フレーズの応用で、よく出てくるフレーズなので、折角なので覚えましょう。...

昨日はDragonAsh「Fantasista」の練習を行いました。 リズムはキックとスネアが重要ですのでたまに右手のハイハットなしでの練習をして、キックとスネアでグルーヴを作る練習をしてみましょう。 クリックのみで練習するよりも何か音楽をかけながら練習する方が脳が飽きずに効率よく練習でき...

今日は三連符を叩く練習をいたしました。 三連符は聞きなれないと思いがちですが、実はミッキーマウスマーチや、心臓の音、ボールをつく音などはほとんどの場合(速い場合を除く)三連符で構成されています。 はじめのうちはトマトやレタスなど三文字の言葉を当てはめて練習しましょう。 スティックの振りに...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta