サイタ音楽教室ドラム教室 東京 スピーディーNOROドラム教室 レッスンノート 12月13日 体験レッスン

12月13日 体験レッスン

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本番直前とのことでワンポイントアドバイス的なレッスンとなりましたが結構盛り沢山の内容となりました(^з^)-☆

演奏しやすいセッティングのポイント

1.椅子の高さと置き位置
2.スネアの高さ、角度、向き
3.ハイハットのクラッチ調整、高さ、フットボード角度
4.タム、フロアタムの調整手順
5.シンバルの高さ、角度

今日は時間節約でやりませんでしたがフットペダルの調整とスネアのチューニング、スネアワイヤーの調整が超重要ですので次回しっかりやりましょう(’-’*)♪

曲に合わせて演奏しました(^^)

ハイハットがテンポに付いて行くのがギリギリな感じでしたのでダウン・アップストロークをやりました(^^)b
基本の形は出来ましたので本番まで少しずつテンポを上げて行きましょう(^o^)v

本番までに間に合わなかった場合は4分音符を打てば良し!と割り切って曲のテンポに乗る事を優先しましょう(*´∀`)♪

スネアで4分音符を打つくだりでキックが裏に入る所が難しいので本番までに間に合わなかった場合はキックを省きましょうσ(^_^)

スネアの4分音符が安定している事が最重要です(’-’*)♪

フィルインは16分音符にはまっていればどんなフレーズでも大丈夫ですので、先ずは16分音符を1曲通して演奏して安定させましょう(*´∀`)♪
新着レッスンノート

コロナの影響で4ヶ月ぶりのレッスンとなりましたがブランクを一気に埋めるべく猛スピードで進めました。 振り返りは超早口で飛ばしてしまいましたが、前回よりも更に理解が深まったと思います(^_-) 基本パターンが安定しましたのでフィルインに進みました。 タムやシンバルもバッチリ打ち...

本日もセッティングのポイントから確認しました。 フットペダルはパワーとスピードが両立した状態になりましたネ。 毎回この状態を作ってから練習に入りましょう(^^)/ スネアとハイハットのセッティングは物凄く大切ですので高さや角度、ハイハットクラッチの調整を細かくやりまし...

バンド活動中との事で実戦に直結する内容となりました(´V`)♪ フットペダルの調整は毎回やってみましょう(^_-) スネアのオープンリムショットの打率10割を目指してスネアの位置を追究しましょう(^^)/ 各パーツは高速移動に対応するように効率良く動ける位置にセットしましょう...

今回もバスドラム、スネアドラム、ハイハットシンバルのセッティングから始めました。 フットペダルの調整前後の違いを感じられましたネ(^_-) 個人練習でもパワーとスピードが両立したセッティングになるように毎回トライしてみましょう(^^)/ スネアドラムは響き線が張りすぎでした(...

体験レッスンから間が空いてしまったのでセッティング法から確認しました(^_-) スタジオに入ったら毎回しっかりやりましょう。 慣れて来れば今日の内容は5分くらいで出来ます(^_-)-☆ フットペダルはパワーとスピードが両立した状態にしました。 今日の踏み心地を毎回目指し...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta