サイタ音楽教室ドラム教室レッスンノート 16分音符を叩く練習と「夢」のリズムパターン練習。

16分音符を叩く練習と「夢」のリズムパターン練習。

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

・16分音符の連打
・ブルーハーツ「夢」のリズムパターン練習
を行いました。

16分音符の連打は、四分音符の右足のキックと16分音符の一打目の右手を合わすことを意識しましょう。
ゆっくりから始めて、慣れてきたらだんだん早くしてみましょう。

「夢」のリズムパターンは、曲を思い出して叩きましょう。
曲のフレーズとリズムパターンはシンクロしていますので、曲がイメージできれば合わせられます。
イメージが大切ですので、叩き始める前には必ずイメージすることを忘れずに!
パターンが出来ない時はテンポが早すぎる証拠です。
必ず間違えない、ゆっくりしたテンポから練習を始めましょう。

お疲れ様でした(^-^)/
このレッスンノートを書いたコーチ

全国ツアーなど精力的に活躍。熱さピカイチの先生がゼロからサポート

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta