サイタ音楽教室ドラム教室 京都 大橋のドラム教室 レッスンノート 能動的三分間:通し練習2

能動的三分間:通し練習2

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回のレッスンでは、26小節目までの確認を行いました。
1~26小節目までの間でポイントになるのは、18,25,26小節目のフィルインです。
それ以外は前回の1~10小節目と同様に叩けます。

①18小節目
3拍目で左手16分音符のロールが入ります。
4拍目が連打になりますので、それに備えるためにも腕を上げながらこのロールを演奏しましょう。
レッスンで動作の確認をしたように、肘を開きながら腕を上げ、その際にロールを行うことで腕を上げながら3拍目の演奏を行えます。

②25小節目
4拍目でフラム(装飾音符)が入ってきます。
このフレーズは4拍目のスネアとバスドラムを大きめに叩くと良いニュアンスを出せるので、レッスンでやったように意識して大きめに演奏しましょう。

③26小節目
サビ前の16分音符の連打フレーズです。
「タッタ」という跳ねるリズムが連続してくるのでかなり難しいかと思います。
曲に合わせて両手をパタパタとさせてリズムを取り、徐々にこの跳ねる16分音符の連打に慣れてみてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

大学時代から全国で活動!貴方の興味を大切に、きめ細かい指導でサポート

新着レッスンノート

今回の体験レッスンでは、まずスネアドラムを使ってスティックの持ち方・振り方を体験して頂きました。 叩き方については腕・手首・指の各動きをそれぞれ試し、その後に全部合わせた動きを行ってみました。 ドラムを叩く時は今回のように無駄な力は使わずに叩くということを覚えておいてください。 叩き...

今回の体験レッスンでは、まずスネアドラムを使用しながらスティックの持ち方・振り方を学んで頂きました。 叩く際の腕・手首・指の各動きをそれぞれ試したあとに、それらを合わせた動きを試すという形で行いました。 「脱力」が重要になってきますので、次回からフォームについてしっかりと取り組んでいき...

今回のレッスンでは、「恋の前」のAメロのフレーズの確認を行いました。 【Aメロ】 Aメロは基本的にイントロの9~16小節目のフレーズと一緒です。 ただハイハットがクローズになり、20小節目のように間にオープンが入ってくるので少し難易度が高くなります。 ・21,22小節目 Aメ...

今回のレッスンでは、前回に引き続き「赤を塗って」を原曲に合わせて叩く練習を行いました。 前回でイントロと基本のフレーズに関して行えたので、今回はBメロのタムフレーズを原曲に合わせる練習にしました。 Bメロのタムフレーズは難しい箇所は4拍目の左手で3連符中抜きのリズムを叩く箇所です。 ...

今回のレッスンでは、「夜の踊り子」の曲に合わせてドラムを叩く練習を行いました。 曲のフレーズではなく、「曲に合わせてバスドラムを踏む」や「8分音符を叩く」という所から徐々に感覚を掴んでいきましょう。 【曲に合わせて叩くコツ】 曲に合わせて叩くのは非常に難しいです。 フレーズを余裕を...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta