サイタ音楽教室ドラム教室レッスンノート MEMORY:通し練習1

MEMORY:通し練習1

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回のレッスンでは、以前やっていた「MEMORY」を通しで叩く練習を行いました。
この曲はテンポが「Heavenly Psycho」よりも速い上、8ビートが多いので「アップ・ダウン奏法」を使って効率的に叩いていきましょう。
だいぶドラムを叩くのにも慣れてきたと思いますので、ここで「アップ・ダウン奏法」をマスターしてもらおうと思います。

■アップ・ダウン奏法について
アップ・ダウン奏法で大事になるのはアップ・ストロークです。
ゆっくりとしたテンポから腕をしっかりと使って感覚を掴んでいきましょう。
スムーズに行うためにはダウン・ストローク後にアップ・ストロークをやりやすい手の形にすることが大切です。
腕の位置、手首の角度、指の開き具合等レッスンでアドバイス行ったので、あとは反復練習で徐々に速くしていくと完成になります。

なおアップ・ダウン奏法の練習と並行して8ビートに組み込む練習を行っています。
より考えることは増えますが、アップ・ダウン奏法に慣れてあまり注意せずに出来るようになると楽になりますので頑張りましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

大学時代から全国で活動!貴方の興味を大切に、きめ細かい指導でサポート

大橋のドラム教室
大橋諒一 (ドラム)

野洲・守山・京都・三条・河原町/四条・三井寺・烏丸

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta