サイタ音楽教室ドラム教室 京都 大橋のドラム教室 レッスンノート MEMORY:通し練習1

MEMORY:通し練習1

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回のレッスンでは、以前やっていた「MEMORY」を通しで叩く練習を行いました。
この曲はテンポが「Heavenly Psycho」よりも速い上、8ビートが多いので「アップ・ダウン奏法」を使って効率的に叩いていきましょう。
だいぶドラムを叩くのにも慣れてきたと思いますので、ここで「アップ・ダウン奏法」をマスターしてもらおうと思います。

■アップ・ダウン奏法について
アップ・ダウン奏法で大事になるのはアップ・ストロークです。
ゆっくりとしたテンポから腕をしっかりと使って感覚を掴んでいきましょう。
スムーズに行うためにはダウン・ストローク後にアップ・ストロークをやりやすい手の形にすることが大切です。
腕の位置、手首の角度、指の開き具合等レッスンでアドバイス行ったので、あとは反復練習で徐々に速くしていくと完成になります。

なおアップ・ダウン奏法の練習と並行して8ビートに組み込む練習を行っています。
より考えることは増えますが、アップ・ダウン奏法に慣れてあまり注意せずに出来るようになると楽になりますので頑張りましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

大学時代から全国で活動!貴方の興味を大切に、きめ細かい指導でサポート

新着レッスンノート

今回の体験レッスンでは、まずスネアドラムを使ってスティックの持ち方・振り方を体験して頂きました。 叩き方については腕・手首・指の各動きをそれぞれ試し、その後に全部合わせた動きを行ってみました。 ドラムを叩く時は今回のように無駄な力は使わずに叩くということを覚えておいてください。 叩き...

今回の体験レッスンでは、まずスネアドラムを使用しながらスティックの持ち方・振り方を学んで頂きました。 叩く際の腕・手首・指の各動きをそれぞれ試したあとに、それらを合わせた動きを試すという形で行いました。 「脱力」が重要になってきますので、次回からフォームについてしっかりと取り組んでいき...

今回のレッスンでは、「恋の前」のAメロのフレーズの確認を行いました。 【Aメロ】 Aメロは基本的にイントロの9~16小節目のフレーズと一緒です。 ただハイハットがクローズになり、20小節目のように間にオープンが入ってくるので少し難易度が高くなります。 ・21,22小節目 Aメ...

今回のレッスンでは、前回に引き続き「赤を塗って」を原曲に合わせて叩く練習を行いました。 前回でイントロと基本のフレーズに関して行えたので、今回はBメロのタムフレーズを原曲に合わせる練習にしました。 Bメロのタムフレーズは難しい箇所は4拍目の左手で3連符中抜きのリズムを叩く箇所です。 ...

今回のレッスンでは、「夜の踊り子」の曲に合わせてドラムを叩く練習を行いました。 曲のフレーズではなく、「曲に合わせてバスドラムを踏む」や「8分音符を叩く」という所から徐々に感覚を掴んでいきましょう。 【曲に合わせて叩くコツ】 曲に合わせて叩くのは非常に難しいです。 フレーズを余裕を...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta